有責配偶者(浮気をした側)からの離婚請求を退けるには?

総合探偵社 フォーチュン広島
フリーダイヤル:0120-917-791 「秘密厳守」「24時間受付」「相談・見積無料」

浮気されたうえに不利な離婚とならないためには

信頼している夫・妻に浮気され、さらに離婚を突きつけられるという話はよく聞きます。
自分が浮気しておきながら、パートナーの非をでっちあげて離婚を切り出すなど悪質にもほどがあります。また、浮気の事実にまったく気づかないまま、パートナーの思い通りに離婚話が進んでいくケースも多く見られ、なかにはパートナーからいわれのない非難を浴びせられて、ショックのあまり相手の思うがまま離婚届にサインしてしまう人もいます。
いずれにしても、こちらが何らかの対策をとらなければ相手の思うツボですから、悲しみに暮れている暇はありません。

慰謝料

浮気した者はパートナーに対して慰謝料を支払う義務があるのですから、きちんと請求するべきです。しかし、大多数が浮気の事実を認めず、争いに発展する場合が多いので、言い逃れのできない浮気の証拠を掴んでおかなければなりません。

財産分与

浮気するような人間は身勝手ですから、離婚の際に財産もごっそり持って行こうとしますが、婚姻中に夫婦で築いた財産は分配するように法律で定められていますので、現金はもちろん不動産や家財、年金にいたるまで、対象になるものをリストアップしてきちんと分与の手続きをとりましょう。

養育費

浮気夫が離婚後も我が子に愛情を注いでくれるとは到底思えません。実際、養育費を取り決めて離婚したにもかかわらず、すぐに支払いが滞るというケースは山ほどあります。したがって離婚の際に、養育費の支払いが滞った場合は強制執行する旨を公正証書で残しておく必要があります。

親権

たとえ妻の浮気で離婚しても、子供が幼いほど親権は妻にとらせるケースが圧倒的に多く、妻の育児放棄や虐待などがないかぎり、夫が親権を手にするのは難しいのが現実です。しかし、可能性がゼロではありませんので、日頃から子供にしっかりと愛情を注ぎ、養育にも積極的に参加して、「父親と一緒に暮らしたい」と子供に思ってもらえることが大事です。

離婚しないという選択

離婚後の生活が成り立たないとか、子供のことを考えてとか、離婚を拒む理由は色々あるでしょうし、何よりも離婚したパートナーが浮気相手と幸せに暮らしていくのは許せないと思います。それらの事情を考慮すると、婚姻を継続するのが良いのかもしれません。何としてでも離婚したいパートナーにとっては、これ以上ない足かせとなるでしょう。しかし、それでも離婚を諦めないパートナーであれば、調停や裁判も辞さない覚悟で臨んできます。そうなると、こちらも明確な浮気の証拠を持っていなければ対抗できません。

離婚しないための浮気調査

それは浮気(不貞行為)の証拠になるのか?

夫の浮気(不倫)を防ぐ妻の心掛けとは?

夫婦で話し合いをするときのコツやポイントとは?

浮気発覚で逆ギレする夫や妻の心理と対処法とは?