子供の親権者(監護者)は父親と母親のどちらが有利になる?

総合探偵社 フォーチュン広島
フリーダイヤル:0120-917-791 「秘密厳守」「24時間受付」「相談・見積無料」

子供の親権者と監護者はどう決める?

親権と監護権とは?

未成年の子の父母が協議離婚するときには、父母のどちらかが親権者になるかを、夫婦間で話し合いで定めなければなりません。
子供の出生前に父母が離婚した場合には、母親が親権者となります。ただし、子供の出生後に父母の話し合いで、親権者を父親に変更することができます。
 
親権の具体的内容は、身上監護・教育権と財産管理・代理権と分類されます。
監護とは、主として、子供の体に関する監督・保護・育成を意味し、教育とは、主として、子供の精神的育成を意味します。

通常は、親権者が同時に監護権を有し、子供を引き取って養育・監護しますが、子供の福祉のために監護権者と親権者を分離することが必要な場合は、親権者でない父母の一方又は第三者を監護権者に定めることができます。

監護権者を定めた場合は、身上に関する監護は監護権者が行い、子の財産に関する法律行為の代理は親権者が行うことになります。

親権者は離婚前に定めなければなりませんが、監護権者は離婚後でも定めることができます。

親権者・監護権者の指定方法

親権者を父母のどちらかにするかは、まず夫婦の話し合いにより決めます。夫婦の話し合いができないとき、又は、話し合いで調整がつかない場合は、家庭裁判所に調停の申し込みをします。調停が不成立の場合は自動的に審判定められることになります。
裁判離婚の場合には、判決によって定められることになります、
 
調停・審判では、子供にとってどちらの親が親権者となるのがより幸福であるかということを考慮して決めます。
具体的な基準としては、乳幼児の場合は特別の事情がない限り母が親権者として優先されます。子供が物心つく年齢であれば、子供の意思が尊重されます。
現在、別居中で父母のどちらか一方が子供を養育。監護している場合は、その現状が尊重され、監護者の現状に特別の問題がない限り、現実に監護している親が親権者として優先されます。

監護権者の場合も、まず父母の話し合いで決め、決まらない場合には、家庭裁判所に監護者指定の調停を申し立てます。
監護者兼の場合は離婚後でも申し立てができます。調停が不成立の場合は自動的に審判が開始され、裁判所の審判により定められることになります。父母の話し合いで監護者を決めた場合は、必ず、その旨を離婚協議書等の書面にしておきましょう。

親権者の変更

離婚後、子供の親権者が子供の教育や養育の義務を果たさなかったり、親権者の心身や経済状態等に変化があり、子供の監護教育の義務を果たせなくなった場合は、子供の父母及び親族は家庭裁判所に親権者変更の調停を申し立てることができます。
調停が調わない場合は、審判を申し立て、家庭裁判所が子供の利益のために親権者の変更が必要かどうかの審判を下します。
監護者の変更は、まず父母の話し合いで決め、決まらない場合には、家庭裁判所に監護者指定の調停又は審判を申し立てます。

親権をめぐる子供の連れ去り

離婚で問題になることとは?

子供への面会交渉権とは?