自分で浮気調査をするときの注意点や失敗例とは?

夫や妻の不倫を疑い、カバンや携帯電話を探って証拠を手に入れたという話はよく耳にしますが、なかには自分で張り込みや尾行をして証拠をつかもうとする行動力溢れる人もいらっしゃいます。
探偵社に調査料金を払うことなく、成功すれば何の問題もありませんが、いろいろとリスクも伴いますので、自分で調査しようと考えている方はぜひご一読ください。

張り込みのリスク

本職の探偵でも長時間同じ場所で張り込んでいれば不審に思われ、場合によっては警察に通報されることもあります。しかし、探偵は依頼者と正式な委任契約を交わして調査していますので、たとえ職務質問を受けても、身分証を提示して調査である旨を伝えれば(もちろん依頼内容は守秘義務ですが)、納得してもらえます。
これを一個人がやっていたらどうでしょう…夫婦間の痴話で目をつぶってもらえたら幸いで、ストーカーと誤解されないよう気を付けなければなりません。

徒歩尾行のリスク

自分の夫や妻を追いかけるのですから、少しでも相手の視界に入ればすぐにバレてしまいます。
顔を変えることはできませんし、面識のない探偵の尾行よりはるかに難しいものとなります。

車尾行のリスク

当然ながら普段使用している車で尾行する訳にはいきませんし、フロントガラスにまでスモークフィルムは貼れませんので、ここぞと言った場面でパートナーの車に近づき過ぎれば、運転している自分が丸見えになってしまいます。

撮影のリスク

市販のビデオカメラやデジタルカメラは行き着くところまで性能が向上していますので、誰でも簡単に高画質撮影できます。
ただ重要なのはパートナーと浮気相手に気づかれないよう不貞の証拠となる映像や写真を撮影することです。車の中から撮影できれば問題ありませんが、徒歩で近づかなければ撮影できない場合、徒歩尾行と同じリスクを負うことになります。

厳しい言い方かもしれませんが、以上のようなリスクを切り抜ける自信がなければ、自分で浮気調査をするべきではありません。もしも失敗してパートナーにバレた後、慌てて探偵社へ依頼しても、警戒している夫や妻を調査して証拠が手に入るという成功率はグンと低くなりますので。

調査までの流れとは

不貞行為の証拠とは

それは浮気(不貞行為)の証拠になるのか?

法律的にどこからが不倫(浮気)なの?