突然、夫から離婚を迫られたときの対応とは?

夫(旦那)から急に離婚を迫られたので、夫の浮気を疑い当社に相談に来られる奥様は多くおられます。
妻である私にどんな不満があるのだろうか、子供のことはどう思っているのだろうか、もし離婚されたらその後の生活はどうなるのだろうかと、不安であれこれ考えを巡らせていらっしゃいます。

しかし、妻に法律上の離婚原因がなければ、いくら夫が離婚したくてもできません。もし夫に離婚原因があれば、その夫からの離婚請求は認められませんので慌てる必要はないのですが、夫の申し出を無視したまま結婚生活を送る訳にもいかず、離婚に同意するのかしないのかという判断はしなければなりません。

離婚したくない

突然離婚話を持ち掛けられた妻のほとんどが離婚など望んでいないでしょうから、夫が離婚を迫る理由を探り、夫婦関係の修復に努めなければなりません。
これまで特に夫婦仲が悪いわけではなく、思い当たる節のない場合、たいてい夫の浮気が原因となっており、浮気相手と一緒になりたいがために離婚を迫ってきます。
なりふり構わず勝手に離婚届を役所へ出してしまう夫もいますので、「離婚届不受理申出」をしておけばこれを防ぐことができます。
また、妻に離婚原因があるようにでっちあげて離婚裁判を起こすのも常套手段ですから、これに対抗するためには、夫の浮気の証拠を掴まなければなりません。

離婚する

離婚を切り出した理由が分からなければ、夫を責めることもできず、不安ばかりが募ると思います。
しかしその原因が夫にあり、ましてや浮気だとしたら、こちらから三行半をつきつけてやりたいのではないでしょうか。
ただし、離婚を決意した場合にも、きちんと浮気の証拠を手に入れなければ、離婚請求も慰謝料請求もできませんので、有利な条件で離婚できるよう冷静に手順を踏みましょう。

夫の浮気をやめさせる方法とは

離婚しないための浮気調査

離婚する場合・しない場合の慰謝料請求とは?

離婚を切り出す妻の心理・気持ちとは?