浮気による別居を防ぐには?婚姻費用は?

夫婦が別居する原因として、配偶者の暴力や性格の不一致などもありますが、やはり一番多いのが浮気ではないでしょうか。
浮気している側が別居を切り出す場合と、浮気された側が別居を申し出る場合の2パターンあり、同居を続けても言い争いが絶えなければ、冷却期間として別居も選択肢としてはあります。

ただ実際には、いったん別居してしまうとその後離婚に至る夫婦が多いため、夫婦関係の修復を望むならば別居は避けたほうが良いでしょう。
ただし、浮気している夫(妻)が別居を切り出してくるときは、離婚の決意を固めている場合が多く、別居を踏み止まらせるのは困難を極めますので、配偶者の浮気に気付いた段階で早めに手を打っておく必要があります。

逆に、夫や妻に浮気をされた配偶者が精神的苦痛を負い、別居を望む場合ですが、浮気をしたのは自分ですから、誠心誠意謝罪するほかありません。それでも配偶者が別居を望むのであれば、無理やり引き止めることは避け、別居中の生活費を最大限援助すると共に、いつでも元の家に戻って来られる状態を整えておく努力が必要です。

離婚する夫婦の特徴とは?

離婚しないための浮気調査

何年別居期間が続いたら離婚ができるのか?