婚約破棄の原因を作った側は慰謝料を支払わないといけない?

総合探偵社 フォーチュン広島
フリーダイヤル:0120-917-791 「秘密厳守」「24時間受付」「相談・見積無料」

婚約を破棄した場合の損害賠償請求とは?

慰謝料を払うのは、はじめに婚約を破棄した側が支払うものだと思われている方が多いと思います。

そのため、損害賠償責任を避けるために、相手に婚約を破棄させようと仕向けることがあります。

このページではどちらが損害賠償責任を負うのかについてご紹介します。

結論から言うと、婚約破棄の原因を使った側がその責任を負うことになります。

例えば、男性側が婚約をしていながら浮気を繰り返し行っていた場合に、女性側はこんな人とは結婚できないと婚約破棄した場合、どちらが慰謝料を払うべきかは明白かと思われます。

損害賠償責任の有無については、どちらが婚約破棄をしたからといって責任が左右することはありません。
つまるところ、婚約から結婚に至らなかった原因を作った側で、だれが賠償責任を負うのかが決まることになります。

そのため、急に冷たい態度を取ったり、問題のある行動をとるなどして相手に婚約破棄させ、賠償責任を負わせるといった考えは通用しません。

婚約破棄の際の正当事由とは?

婚約についての基本的な知識