夫(妻)の浮気を止めさせる方法とは?慰謝料請求?示談書?

総合探偵社 フォーチュン広島
フリーダイヤル:0120-917-791 「秘密厳守」「24時間受付」「相談・見積無料」

夫(妻)の不倫関係を解消させる方法とは?

夫(妻)の不倫が発覚した場合、離婚を選択する夫婦もいますが、夫婦関係を修復し婚姻を継続したいと希望される夫婦もいます。
婚姻の継続を希望する以上は、夫(妻)が浮気・不倫相手と交際を続けることをやめさせなければならないため、夫(妻)と不倫相手の交際をいかにして止めさせるかが問題となるでしょう。

問題の解決方法としてどのような方法があるのか考えてみましょう。

慰謝料を請求する

内容証明郵便等で浮気相手へ慰謝料を請求し、不倫関係の中止を求めます。ほとんどの場合がこの時点で関係を終わらせることが多いです。
理由としては、浮気・不倫を続けることで再び慰謝料が発生することでしょう。
もし、請求された額を支払った場合でも、不倫関係を続ければ新たに慰謝料を請求されることになるため、一般的な感覚を持っているのであれば、経済的理由で不倫関係を止めざるをえないでしょう。
また、面倒ごとをさけたいということも理由の1つです。

浮気・不倫関係の問題は、不倫を続ける限りずっと続きます。バレていなかったため楽しかった不倫関係も相手方の夫(妻)にバレてしまった時点で終わりです。慰謝料の問題や、ばあいによっては職場に不倫の事実が知られてしまうことを考慮すれば、不倫を止めざるをえないでしょう。
場合によっては、不倫をしてしまったことに対し、反省する場合もあります。

意外に思われるかと思いますが、不倫がバレると真摯に反省する方もいます。慰謝料の減額のために反省するフリをしているだけかもしれませんが…

慰謝料を請求しないで示談書に署名捺印を求める

もしあなたが、慰謝料はいらないが、一日でも早く不倫関係を終わらせたいと思っているのであれば、浮気相手に慰謝料を請求せずに、示談書に署名捺印をさせ、今後一切夫との個人関係を取りやめるよう要求することも視野に入れましょう。
慰謝料の額について、相手方と揉めれば不倫問題の解決に長い時間がかかる場合もあります。
慰謝料を請求せずに、再度不倫関係に至った場合の違約金について示談書に書き、相手に署名捺印をさせる方法もあることをご紹介しておきます。

慰謝料を設定しないことによって、慰謝料を請求する場合と比べ、かかる時間や費用はかなり少ないものになるでしょう。

浮気・不倫相手の親に話をする

法的には、浮気相手の親に慰謝料請求することはできません。しかしあがら、不倫関係について自分の親に知られたくないと思うことはほとんどの人に共通することです。一般的な感覚を持つ親であれば、不倫関係を止めるように自分の息子(娘)に説得するでしょうし、場合によっては、不倫解消に向けて協力的になってくれることもあるでしょう。
また、浮気相手の両親に慰謝料請求はできないと説明しましたが、任意で慰謝料を両親が支払うことは可能であるため、慰謝料の支払いがされない場合に、両親に慰謝料について説明しておくことも一つの方法です。

勤務先の上司やしかるべき部署に相談する

社内で行われた不倫でありましたら、2人の直属の上司やしかるべき部署に相談すれば、積極的にふたりを別れさせようとしてくれる会社もあります。
この方法を取って不倫関係が終わったとしても、配偶者が今後もその会社に勤務し続けるのであれば、昇進等で不利になることは避けられないでしょう、そのデメリットも事前に考えておかれるべきでしょう。

訴訟を提起する

一般論ですが、裁判になることだけは避けたいと考えている方がほとんどでしょう。
裁判にまで発展すれば、記録に残ってしまうため、訴訟を提起された時点で、交渉に応じる方が多いです。

浮気相手に再度慰謝料請求できる?

浮気相手と確実に別れさせる方法

W(ダブル)不倫を止めさせる方法とは?

夫の浮気をやめさせる方法とは

妻の不倫(浮気)には、どう対処したら良いか?

浮気・不倫の結末とは?

浮気相手に復讐・仕返しがしたい