探偵相談・浮気調査事例|夫が県営住宅に住む女性と半同棲?

総合探偵社 フォーチュン広島
フリーダイヤル:0120-917-791 「秘密厳守」「24時間受付」「相談・見積無料」

探偵相談・浮気調査事例~夫にもう一つの家庭があった?~(広島市東区)

■依頼者様

40代 女性 会社員

■家族構成等

ご主人 40代 会社員
中学生のお子様がいらっしゃる

■婚姻期間

18年

■ご相談内容

ここ1年ほど、ご主人の機嫌が悪く、ささいなことでも嫌味を言うようになってきた。仕事も忙しいのであまり相手にしていないでいると、今度は家に帰る時間がとても遅くなり、どこへいっているのかも教えてくれずに不審な様子が目立つため、ご主人の退勤後の動きを調査してほしいとのご相談をいただきました。

■提案事項

ご主人が不倫をしているかどうか不明でしたので、20時間20万円の定額制パックの調査をご提案いたしました。

■調査結果

調査を実施した結果、ご主人は夕方5時定時に会社を退勤し、家と反対方向に車で移動した後、県営住宅の来客用の駐車スペースに停まりました。
数分後、同県営住宅駐車場に軽自動車が停まると、40代程度の女性が降り、ご主人の車に歩み寄ると、ご主人は運転席を降り、女性と手を繋いで県営住宅の同じ部屋へ入っていきました。ご主人は午後11時頃に女性の部屋から出て、そのまま帰宅しました。ご主人は出勤した日はほぼ毎回女性宅に入り浸っていました。
その後、1週間分、退勤後の女性宅への出入りを不倫の証拠映像として撮影させていただきました。

■調査終了後

依頼者はご主人と話し合いをしましたが、ご主人は全く反省せず、自分の非を認めませんでした。
最終的には、ご主人とは依頼者様有利な形で離婚となり、親権も依頼者様が持つことになりました。
不倫相手の女性には、弁護士に依頼をして慰謝料請求をし、100万円の慰謝料を支払ってもらいました。

■浮気調査対応地区 広島市東区