フォーチュン広島の探偵白書:年齢によって浮気の仕方が変わる?

総合探偵社 フォーチュン広島
フリーダイヤル:0120-917-791 「秘密厳守」「24時間受付」「相談・見積無料」

年代別にみる浮気の特徴

浮気・不倫調査の依頼をたくさん受けていますと、浮気している調査対象者の年齢によって浮気のスタイルも様々であると感じます。

その特徴を理解して対応することが問題解決の近道かもしれませんので、少し紹介してみます。

10代後半~20代前半

若くして家庭を持った人が、ついこの間まで独身だった自分を忘れられず、独身気分で気軽に浮気してしまう傾向があります。
浮気相手も彼氏や彼女の友達、元カレや元カノといった身近な人が多いです。また、気軽に関係を始めただけあって浮気も長続きしないのも特徴です。

20代後半~30代

この年代の男性は仕事もバリバリこなせるようになり、体力的にもピークであるため、その有り余るパワーを浮気・不倫に向けてしまいがちです。
一方、女性は結婚適齢期であることから素敵な男性を探そうと躍起になりますが、既婚男性からの誘惑に負けてズルズルと関係を続けてしまうケースが多く見られます。

40代

男女ともに既婚者の多い年代ですから、ダブル不倫の可能性が高くなります。
女性の性欲はこの年代がピークとも言われており、子育ても落ち着く頃ですから、夫から見向きもされなくなると、浮気に走ってしまいます。
一方、男性は若い頃から浮気を繰り返している人もいますが、これまで浮気とは無縁の真面目な男性が同僚の若い娘に熱を上げ、家庭を捨ててのめり込んでしまうケースも少なくありません。

50代

この年代の男性は経済的に余裕ができて、浮気性の人はますます盛んになり、そうでない人もお金を持っていれば女性の方からアプローチしてきます。
一方、女性は長年連れ添った夫への不満が爆発し、その反動から浮気するというケースが見られます。

60代・70代

一昔前であれば、おじいちゃん、おばあちゃんと呼ばれる年代ですが、近頃は男女ともにハツラツとしており、趣味や地域活動で知り合った異性と浮気関係になるケースは珍しくありません。