自分でできる浮気調査 LINE(ライン)で浮気の証拠を掴む

LINE(ライン)から浮気の証拠を見つけ出す

昨今は、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を浮気のツールとして利用するのが当たり前のようになり、その最たるものがLINE(ライン)ではないでしょうか。
LINE(ライン)が浮気のツールに適している最大の理由は、気軽に連絡先の交換ができるということです。ひと昔前であれば、飲み会などで気になる異性がいた場合、自分の電話番号やメールアドレスを書いたメモをこっそり渡したり、思い切って相手に聞いたりしなければならず、断られることも多くありました。

ところがLINEであれば、電話番号やメールアドレスなどの個人情報を知られることはなく、やりとりをして気に入らなければブロックできるという安心感もあり、連絡先交換のハードルがぐんと下がっているように思われます。
その他の理由として、無料通話ができることや、相手の名前を容易に変えられる、トーク履歴を簡単に削除できることなどが挙げられます。
また、以前に電話番号を交換した相手がLINEをしていれば、友だち追加の通知がされます。これがきっかけとなって昔の交際相手や異性の友達と再び繋がり、浮気に発展するケースも多々あります。

このように浮気をサポートしているかのようなLINEですが、その機能を理解していれば逆に浮気を暴き出すことができます。

夫がこそこそとLINE(ライン)をしているとか、妻のスマートフォンから頻繁にLINEの通知音が聞こえてくるなど、配偶者の浮気が気になる方々は参考にしてください。

通知画面のチェック

LINEからメッセージが届くと、その一部がスマートフォンの通知画面に表示されますので、送ってきた相手とある程度の文面を確認することができます。ただし、非表示の設定にされていると「新着メッセージがあります」としか表示されません。

また、LINEのポップアップが見えないように、テーブルに置くとき、画面を下向きにしたり、LINEのメッセージがきても目の前で画面を確認しようとしないのも不審です。

そもそも非表示の設定にしているという段階で疑わしいのですが。
なお、通知表示をタップしてしまうと既読になりますので注意してください。

LINEにロックが掛けてある

スマートフォン本体にロックを掛けるように、LINEにもロックを掛けることができます。ロックして中身を見られたくないということは、何かやましい気持ちがあると思われても仕方ありませんね。

トーク履歴のチェック

浮気を匂わせる異性とのやりとりがあれば間違いありませんし、同性の友達とのやりとりの中にも、浮気の自慢話や恋愛相談など重要な手掛かりが残されている場合もあります。浮気の証拠となるやりとりは写真撮影しておきましょう。
なお、未読のメッセージを思わず開いてしまわないように気をつけてください。

友達リストのチェック

異性の友達はもちろんですが、浮気相手をカモフラージュするため、同性の名に変更している場合もありますので、リストに見慣れない名前があればトーク履歴を確認してみてください。名前のイメージにそぐわない怪しいやりとりが見つかるかもしれません。
また、友達リストから特定の相手を非表示にすることもできますので、非表示リストもチェックしておくべきです。

特定の人だけ通知がオフになっている

返事をするのが煩わしい相手からの通知をオフにしているのなら問題ありませんが、浮気相手とのやりとりを配偶者に気づかれないようオフ設定している場合がありますので、オフ設定のされている人物は要チェックかもしれません。

その他、LINEアカウントを2つ以上作った、見慣れないスタンプを急に使い始めるのも不審ですね。

メールやLINE(ライン)のやりとりは浮気の証拠となるのか?

SNS(LINE・Facebook)での浮気が増えた訳とは?

総合探偵社フォーチュン広島の公式LINEページ

夫婦間でスマホ(携帯電話)を覗く行為はダメ?