浮気で社内不倫が多い理由とは?解決策は?広島市の探偵社

総合探偵社 フォーチュン広島
フリーダイヤル:0120-917-791 「秘密厳守」「24時間受付」「相談・見積無料」

社内不倫に打つ手はあるのか

夫・妻が浮気しているのではと疑いはじめたとき、まず気になるのが浮気相手のことでしょう。
どこで知り合って、何をしている人なんだろうかとあれこれ思いを巡らせるはずです。
いまやインターネットやSNSなどで世界中のどこにいてもつながることができるとはいえ、浮気に関しては身近な相手、とくに職場の同僚との浮気が圧倒的に多いように思われます。

しかし、もし浮気がバレてしまったときは、上司や同僚から冷ややかな目を向けられるでしょうし、社内でのペナルティも覚悟しなければなりません。
そんなリスクを負ってまで社内不倫に走る原因には、次のようなものが考えられます。

一緒にいる時間が長い

専業主婦の方をのぞいては、大半の人が一日の大半を仕事に費やすことになりますが、毎日顔を合わせて仕事を共にする異性が職場にいれば、何かしらの感情が生まれるのは自然なことです。
人間は長い時間近くにいる相手に好意を抱きやすいという心理があるそうなので、浮気に陥る可能性も高くなるのだと思います。

素敵な部分が見えやすい

家ではダラダラと過ごしている夫やスッピンで子供を叱りつけている妻も、勤務先ではパリッとスーツを着こなし、ばっちりメイクをきめてテキパキ仕事をこなしています。そんな社内での姿に惹かれた同僚からアプローチされることは珍しくないでしょう。

酒席を共にすることが多い

学生時代にはサークルの飲み会や合コンなど多くありますが、社会人になるとプライベートな飲み会の予定を立てるのはなかなか難しいものです。
しかし一方で、社内行事としては新年会、歓送迎会、忘年会、慰労会など一年を通して様々な飲み会があります。
お酒が入った場で社内の異性と本音で語り合ううちに深い関係になることは多分にあります。

悩みや愚痴を共有できる

仕事での悩みや愚痴を家に帰って夫・妻に話しても、なかなか理解してもらえなかったり、面倒な顔をされてしまうかもしれませんが、同僚であればそういった仕事上の悩みや愚痴も手に取るように理解できますので、相談したりされたりで親密な関係を築くこととなります。

こうしてみると社内不倫は普通の浮気よりも2人の繋がりが強く、引き離すのが難しいように思われます。
実際、夫・妻に社内不倫がバレても関係を断ち切らないケースは多く見られます。2人の関係を断つため、浮気相手には会社を辞めてもらいたいと願うのが浮気された側の心情だと思います。
しかし、浮気相手にそれを強要することはできませんし、会社が社内不倫を理由に社員を解雇することも現実的に無理です。
もちろん、社内不倫を会社へ告発することによって配置転換や減給などの懲戒処分を与えられる可能性もありますが、逆に浮気相手から名誉棄損で訴えられるというリスクもはらんでいますので、やはり、確実に浮気の証拠を掴んで慰謝料を請求するのが妥当な手段であるといえます。

W(ダブル)不倫を止めさせる方法とは?

夫の浮気をやめさせる方法とは

浮気(不倫)相手が社内の相手だった場合の対処法とは

浮気・不倫を知ってしまったときに注意すべきこと