浮気(不倫)の慰謝料請求の最適なタイミングとは?

浮気の慰謝料は、浮気した夫(妻)とその不倫相手のどちらにも請求することができますが、取り損ねることのないように請求する時期も大事です。
離婚するかしないか、浮気の証拠があるのかないのかなど、状況によって慰謝料請求のタイミングを考えなければなりません。

離婚しない場合

今後の生活や子供のことを思って婚姻を継続するのであれば、浮気相手との関係を終わらせて、家庭の修復をはからなければなりません。
そのためにも、浮気の確証を得たらすみやかに浮気相手へ慰謝料を請求し、夫(妻)とは二度と会わないという誓約書も交わしましょう。

離婚する場合

離婚後でも時効を迎えなければ、いつでも慰謝料は請求できます。しかし、ひとたび離婚してしまうと、その後に慰謝料を請求しても、元配偶者や浮気相手が応じてくれないケースが多々あります。
したがって、離婚が成立する前に請求したほうが良いでしょう。

浮気の証拠がある場合

浮気の証拠(不貞行為)を手に入れているのであれば、じたばたする必要はありません。
離婚するかしないかなど今後の人生をしっかり考えたうえで、慰謝料請求に踏み切りましょう。

浮気の証拠がない場合

決定的な浮気の証拠(肉体関係の証拠)がなくても、内容証明郵便を送ったり、浮気相手と直接話し合ったりすることにより、相手が浮気したことを認めて慰謝料の支払いに応じるケースもあります。
夫(妻)の浮気に確信を持ち、浮気相手がどこの誰だか分かっているのであれば、なるべく早い時期に行動を起こしたほうが良いでしょう。

浮気・離婚の慰謝料請求

内容証明郵便の書き方

離婚する場合・しない場合の慰謝料請求とは?

浮気(不貞行為・不倫)の慰謝料請求とは?

不倫(浮気)の慰謝料の相場とは?平均金額はいくら?

浮気の慰謝料請求方法とは?金額の相場とは?時効とは?

慰謝料請求の示談交渉と裁判とは

失敗する浮気(不倫)の慰謝料請求とは?