浮気相手への慰謝料請求を自分でして失敗するケースとは?

夫や妻の浮気に悩まされ、ようやく証拠をつかむことができたなら、一刻も早く浮気相手から慰謝料をもらって幕引きにしたいと誰もが思うでしょう。

しかし、こちらの要求する額がきちんと期日に支払われるケースは稀で、ほとんどの浮気相手が「お金がないので支払えない」「請求額を減らしてもらいたい」「浮気はしていないので支払う義務はない」といった主張をしてきますので一筋縄ではいきません。

自分で慰謝料請求を行なうということは、この理不尽な相手と交渉を続け、こちらの要求を認めさせなければなりませんが、それがどれだけ労力を要することか容易に察しがつくと思います。
もちろん、浮気の証拠を握っていればこちらに正当性のあることは間違いありませんが、その事と相手が慰謝料を素直に支払ってくれる事とは別の話なのです。

誠意のかけらもない相手の態度に苛立ち、脅迫めいた要求をしたために、逆にこちらが訴えられるなんてこともあります。
このような精神的苦痛やリスクを負いたくないのであれば、やはり弁護士に依頼することです。
あなたの要求を法律に則った書面で作成し、相手からの理不尽な回答にも冷静に対応してくれます。
「急がば回れ」というように、それなりの費用も時間も掛かりますが、確実に慰謝料を手にすることが一連の浮気問題の解決となり、人生を前に進めることができるのではないでしょうか。

浮気・離婚の慰謝料請求

内容証明郵便の書き方

離婚する場合・しない場合の慰謝料請求とは?

浮気(不貞行為・不倫)の慰謝料請求とは?

離婚する場合・しない場合の慰謝料請求とは?