浮気・不貞行為(肉体関係)の証拠は使い方次第

夫・妻の浮気が疑わしいとき、多くの人がその証拠を求めて自分で調べたり、探偵社に頼んだりしますが、せっかく掴んだ証拠の扱いを誤ってしまうと、無意味な結末を迎えることになります。

よくやりがちなのが、これ見よがしに夫・妻の前に証拠を突きつけて、ひたすら問い質すというもので、結果はお分かりのように、シラを切られたり、逆ギレされたりですね。
このように、浮気の証拠はトランプのジョーカーと同じで強力な切り札となりますが、使い方やタイミングを間違えれば自身の敗北につながります。

それでは、有効的な証拠の使い方とはどのようなものかと言いますと、夫婦関係をやり直す、離婚する、慰謝料を請求するなど目的はそれぞれ異なるでしょうが、共通して言えるのは「手の内をさらしてはいけない」ということです。
相手はこちらがどのような証拠を持っているのか知りません。いきなり決定的な証拠を出してしまうのではなく、小出しにすることで、他にどんな証拠を掴まれているのかという疑心暗鬼を抱かせることができます。

また、証拠を出すタイミングは、相手の言い分を聞いた後にすることです。浮気を問い質されれば否定もしますし、嘘もつくでしょうから、そこで言い逃れのできない証拠を出せば、相手も認めざるを得ない状況になります。
なお、これらの交渉を弁護士に一任すれば問題ありませんが、もし自分で行なうのであれば常に冷静でなければなりません。
交渉のなかで相手のペースに巻き込まれ感情的になってしまうと、証拠が功を奏さないことにもなります。

不貞行為の証拠とは

自分でできる浮気調査 LINE(ライン)で浮気の証拠を掴む

自分でできる浮気調査 浮気の兆候~携帯電話・スマホ編~

レンタルGPSを取り付けて浮気の証拠を取得する