浮気・不倫の慰謝料金額とは?離婚となったら?婚姻期間の長さ?

総合探偵社 フォーチュン広島
フリーダイヤル:0120-917-791 「秘密厳守」「24時間受付」「相談・見積無料」

浮気・不倫の慰謝料金額はどうやって決められている?

浮気・不倫のされた場合に、夫(妻)に請求する慰謝料は、浮気・不倫をされたことにより被害者が受けた精神的被害にたいする賠償金ですが、決まった計算式はないため正確な数字を出すことは難しいです。
そもそも、その不倫によってその夫婦が離婚に至るか否かということが最初の問題です。

一般的に、不倫によって受けた苦痛は、その後に夫婦が婚姻を継続するよりも大きいとされています。
そして、離婚に至る場合には、その原因が不倫だけなのか、離婚に至らない場合は、被害者が受けた精神的苦痛の度合いはどの程度かについての問題になります。

加えて、不倫前の夫婦関係はどうだったのか、婚姻期間はどの程度か、不倫の期間や頻度はどの程度か、そのうえ精神的損害という目に見えないものを金銭に換算するからでしょう。

裁判所が考慮する要素

判例を読むと、裁判所が明確な基準を示しているわけではなく、「一切の事情を考慮すれば、原告の精神的損害は金100万円が相当である」などと、なぜ金100万円なのかの理由は示されていません。
目に見えない精神的被害を金銭で決めるため、仕方がない部分もあるでしょう。
もちろん、適当に決めているわけではなく、裁判所は不倫の慰謝料請求額を算定するにあたって、考慮されている要素があります。

不倫前後の夫婦関係

浮気・不倫する前の夫婦関係が円満であったか否かで、額は変動しますし、浮気・不倫後も婚姻を継続する場合よりも離婚を選択した方が、慰謝料の額は大きくなる傾向にあります。

夫婦の婚姻期間

個人的には新婚のときの浮気・不倫がもっとも精神的損害が大きいと思うのですが、一般的には婚姻期間が長ければ長いほど、不倫の慰謝料額は高くなる傾向にあります。

被害者の苦痛の程度

不倫の回数・期間

一般的には関係を持った回数が多ければ多いほど、不倫期間が長ければ長いほど、不倫の慰謝料額は高くなる傾向にあります。

当事者における積極性の強弱

当事者双方の社会的地位と加害者の資力

同棲の有無

妊娠、出産の有無

これらのことなどを総合的に考慮して、不倫の慰謝料額は算定されます。

判例を検討しましても、少なければ数十万円、多い場合は500万円が認められた判例もありますが、その不倫が主たる原因で夫婦が離婚に至った場合でも100万円~200万円が一番多いようです。

不倫(浮気)の慰謝料の相場とは?平均金額はいくら?

浮気の慰謝料請求方法とは?金額の相場とは?時効とは?

浮気(不倫)の慰謝料の金額を左右する要素とは?

失敗する浮気(不倫)の慰謝料請求とは?