浮気の慰謝料請求方法とは?金額の相場とは?時効とは?

浮気の証拠を掴んだものの、実際にどうやって浮気相手に慰謝料を請求すればよいのか、戸惑っている方も多いのではないでしょうか?
慰謝料の請求方法には、訴訟と話し合いがあり、それぞれメリットとデメリットがあります。
訴訟による慰謝料請求は、判決で白黒ハッキリつけることができる反面、解決までに長期間掛かります。
一方、話し合いによる慰謝料請求は、直接交渉なので短期間での解決が望めますが、冷静に話し合うことができず、余計にこじれてしまう事もあります。
したがって、訴訟による請求はもちろんの事、話し合いの請求でも弁護士に依頼した方が得策と言えます。

慰謝料の相場は?

話し合いによる慰謝料請求では、相場というものは特にありませんが、浮気相手との折り合いで金額が決まる事が多く、感情にまかせて法外な金額を請求しても交渉決裂となるだけですから、相手の支払い能力を見越した金額を提示する必要があります。
一方、訴訟による慰謝料請求では、浮気の頻度や期間、婚姻期間、子供の有無など様々な要素を判断材料として金額が算定されます。
一般的に50万円~300万円とされ、浮気が原因で離婚する場合の方が多額となります。

時効には注意

慰謝料を請求しようかどうか迷っているうちに時が流れ、その権利を失うことがないように気を付けなければなりません。
浮気の事実を知ってから3年以内に慰謝料を請求しなければ、時効で請求権が消滅してしまいます。
また、浮気があった時から20年が過ぎても慰謝料の請求ができなくなります。

浮気・離婚の慰謝料請求

内容証明郵便の書き方

浮気相手に再度慰謝料請求できる?

離婚する場合・しない場合の慰謝料請求とは?

浮気(不倫)の慰謝料請求の最適なタイミングとは?

浮気(不貞行為・不倫)の慰謝料請求とは?

不倫(浮気)の慰謝料の相場とは?平均金額はいくら?

慰謝料請求の示談交渉と裁判とは

浮気(不倫)の慰謝料の金額を左右する要素とは?

養育費や慰謝料を支払わせる公正証書とは?

失敗する浮気(不倫)の慰謝料請求とは?