家事に協力しない夫とは?夫婦共働きの場合は家事の分担は?

総合探偵社 フォーチュン広島
フリーダイヤル:0120-917-791 「秘密厳守」「24時間受付」「相談・見積無料」

家事が夫婦の亀裂を生む理由とは?

長引く不況や女性の社会進出によって共働きの夫婦が増え、家事を夫婦で分担しているという家庭も徐々に多くなりつつあるようです。
とは言っても、いまだに「家事は女の仕事」という旧時代的な考え方を持つ夫も少なからずいて、毎日の家事に追われている女性が多いのも現実です。
仕事で疲れているのはお互い様なのに、なぜ妻の私ばかりが家事をしなければならないの!と思うのは当然のことです。
また専業主婦にしても、労働対価もなく年中無休で家事をこなしている訳ですから、色々と不満も募ることだと思います。
結婚生活には欠かすことのできない家事が原因で、夫婦に亀裂が生じないようにするためにはどうすれば良いのでしょうか。

家事とは何なのかを考え直してみる

家事を辞書で引くと「料理・洗濯・育児など家庭生活を営むために必要な仕事」となっていますが、誰がやるものとはどこにも書かれていません。
ところが日本では昔から夫は外で働き、妻は家庭を守るものという考えが根付き、家事は妻が担うのが当然のようになっています。
もちろん、誰に強要されるでもなく、内助の功として夫を支える妻は大変素晴らしいと思います。

しかし今の時代、主婦業は一つの選択肢であって、女性も社会の様々な場で活躍しています。
そろそろ、家事は女の仕事ではなく、妻は家政婦でもないことをきちんと認識しなければなりません。

理想の家事スタイルを望んではいけない

食事は毎日手作りするのが当たり前とか、家はいつも綺麗に掃除されていなければならないなど、一昔前の母親がやっていたような家事のスタイルを、そのまま妻に押し付けるのは無茶というものです。

たしかに家電は飛躍的に進化して、その分だけ家事が楽になったとは思いますが、今と昔では生活スタイルそのものが変化し、何かと時間に追われる毎日を過ごしています。そんな日々の中で家事をそつなくこなすのは並大抵のことではありません。

家事を手伝われて迷惑なことも

毎日大変そうに家事をこなしている妻の姿を見て、手伝ってあげようと奮起する夫もいるでしょう。
たとえば、休みの日に料理を作った夫は頑張ったつもりでいるが、妻からするとキッチンの跡片付けまできちんとやってくれなければ、結局自分が後始末しなければならず、余計な手間を取らせることになります。

家事をリストアップしてみる

いざ夫婦で家事を分担しようと思っても、家事の内容を互いに共有できていなければトラブルを生むだけです。
上述のようにメニューを作り上げるだけが料理と思っている夫に対して、家計を考えた食材の購入・冷蔵庫の整理・余った料理の保存・調理器具や食器の洗浄など、調理に関わる諸々の作業すべてを含めてが料理であると妻が考えている場合、夫が家事の分担として料理をしたとは言い難いでしょう。
このような夫婦における家事についての認識の相違を一致させるため、料理・洗濯・掃除など代表的な家事に付随する細々とした作業すべてを書き出し、それを見ながら夫婦で割り振りしてみてはいかがでしょうか。

愛情がなくても仮面夫婦を続ける理由とは?

夫の浮気(不倫)を防ぐ妻の心掛けとは?

浮気をすると何を失うのか?

モラルハラスメントとは?モラハラ夫の特徴とは?精神的DVとは?

婚姻関係の破綻とはどういう状態か?その条件とは?