妻の妊娠中に浮気する夫とは

妻の妊娠中に夫が浮気したという話はよく聞きます。
妻が自分の子を宿している大事な時期にもかかわらず、そのような行動をとることができる夫の神経を疑いますし、浮気された身重の妻が受けるダメージは計り知れません。
出産と離婚を同時に迎えることのないよう、妊娠中の夫の浮気を防ぐために、原因と対処法を探ってみましょう。

性欲を抑えられない

女性が子供を身ごもれば、これまでどおりに性交渉をすることは難しく、夫は性欲を溜め込んでしまうことになります。
そんな状況で頭ごなしに性交渉を拒絶されれば、発散先を外に求めてしまうのは当然の成り行きと言えます。
性交渉できないときは、自分の体調が優れないことをきちんと伝え、そのうえでスキンシップは欠かさない努力が必要です。

妊婦の妻を女性として見れない

命を宿している妻の姿を愛おしいと思える夫もいますし、逆に妊娠して次第におなかが大きくなっていく妻に対し、女性としての魅力を感じなくなり、性的興奮も覚えなくなってしまう夫もいます。
妊娠中は体調も不安定で身なりに気を使う余裕はないかもしれませんが、夫の目がよその女性に向かないよう、体に負担をかけない程度で最低限の身だしなみは整えておいたほうが良いと思います。

父親になる自覚がない

妻が妊娠しても、夫の方には体の変化などありませんから、自分が父親になるという実感が湧きにくいのかもしれません。
そんな状態のなか、妻から出産後のことであれこれ言われても、ストレスとして蓄積されていくばかりで、そこから逃避しようと浮気に走るケースもあります。
もちろん、妊娠中はいろいろと不安で、夫に頼りたい気持ちも分かりますが、それが夫にとってプレッシャーとならないよう気を付けなければなりません。

妻の情緒不安定

妊娠中の女性はホルモンのバランスが変化して、イライラしたり不安になったりすることが多く、夫に対する態度もきつくなりがちです。
そういった妊娠の特徴を理解してくれる夫なら大丈夫なのですが、付き合いきれず、外に目を向けてしまう夫も多くいます。
夫の気持ちが離れてしまうほどにストレスを溜め込まないよう、上手く発散させていくことが大事です。

 

夫の浮気をやめさせる方法とは

都合のいい不倫を続けている男性の本音とは?

浮気(不倫)が発覚したときに、やってはいけないこと

浮気(不倫)をしているときの夫の態度とは?