失敗する浮気(不倫)の慰謝料請求とは?

こちらが請求した額の慰謝料が、浮気相手からきちんと支払われれば何の問題もありませんが、スムーズに事が運ばないケースも多々あります。
相手にお金がなかったり、支払う気がなかったりというのが大半ですが、請求する側に原因がある場合も見られます。
せっかく浮気の証拠を掴んでも、慰謝料の請求を誤ればすべてが無駄になってしまいますので、次に挙げるような失敗がないよう、正しい慰謝料請求をしてもらいたいと思います。

相場を無視した法外な金額を請求する

慰謝料何千万円という芸能人の離婚ニュースを自分にも当てはめ、高額な慰謝料を請求してしまう人がいます。
いくら請求しようが本人の自由なのですが、当然そんな請求がそのまま通る訳がありません。
婚姻期間や離婚するかしないかなど個々の事情によって変わりますが、100万~300万円が一般的な慰謝料の相場とされていますので、それに沿った常識的な額を請求して、できるだけ早い解決を目指すべきです。

慰謝料の支払い以外に無理な要求をする

家庭をグチャグチャにした浮気相手が憎いという気持ちは分かりますが、配偶者と同じ職場を辞めろだとか、今の住まいから引っ越せだとか無茶苦茶な要求をしてしまう人がいます。
そのようなことを強要すれば、逆にこちらが損害賠償を請求されることにもなります。

まったく譲歩しない

悪いのは浮気した側なのだから、請求の条件は一切譲れないと思うのも無理はありません。
しかし、慰謝料の請求を示談で進める場合、相手の要望をまったく聞き入れなければ交渉は決裂し、裁判所へ訴訟を起こすことになり、その結果時間も費用も掛かることになります。

とにかく慰謝料を手に入れたいのか、夫(妻)ときっちり離婚したいのか、それとも夫婦関係を修復したいのか、自分の目的をはっきりさせておくことが慰謝料請求成功への鍵だと思います。

浮気・離婚の慰謝料請求

内容証明郵便の書き方

浮気相手に再度慰謝料請求できる?

離婚する場合・しない場合の慰謝料請求とは?

浮気(不倫)の慰謝料請求の最適なタイミングとは?

浮気(不貞行為・不倫)の慰謝料請求とは?

不倫(浮気)の慰謝料の相場とは?平均金額はいくら?

浮気の慰謝料請求方法とは?金額の相場とは?時効とは?

慰謝料請求の示談交渉と裁判とは