不倫(不貞行為)の定義とは?肉体関係とは?デートは?

総合探偵社 フォーチュン広島
フリーダイヤル:0120-917-791 「秘密厳守」「24時間受付」「相談・見積無料」

何が不倫・浮気となるの?

近年ではドラマや芸能人の言動によって、不倫に対する受け止め方が昔とは変化しているようです。
不倫といっても、どこからが不倫、不貞行為に該当するのでしょうか?

法律上の定義では「配偶者のあるものが、配偶者以外の異性と、自由意志で肉体関係をもつこと」です。
この定義を区切って説明します。

配偶者のあるものとは

まずこの配偶者とは何かということです。
配偶者のあるものとは、法律上の夫婦を指しているかと問われると少々違う答えになります。
法律上の夫婦とは、「婚姻届」を提出している夫婦のことですが、それ以外にも内縁関係(何らかの事情で婚姻届を提出していない又は男女双方が夫婦としての意思を有している状態)の夫婦もいます。

その他にも婚姻関係にある男女も「配偶者のあるもの」とは言えませんが、婚約者以外の異性と肉体関係を持てば、他方の婚約者から慰謝料を請求される可能性が高いです。
つまり、配偶者のいない独身男性が、交際している女性以外と肉体関係も持ったとしても、道義的には問題がありますが、法律上の不倫、不貞行為には当たりません。

配偶者以外の異性と

「配偶者以外の異性」とのため、「同性愛」については法律上、不貞行為に該当しません。
しかしながら。法律上の不倫には該当しなくとも、民放に定められた「婚姻を継続し難い重大な事由」に該当し、離婚原因になる可能性があり、配偶者から離婚を請求されることがあります。

自由意志で

自由意志で肉体関係を持つということですから、「肉体関係を持たなければ、殺してやる」などの脅迫されての肉体関係は、法律上、不貞行為に該当しません。

当然、強姦された場合でも自由意志とはいえないため、不倫には該当しないことになります。

肉体関係をもつこと

会社の同僚と食事をした、デートをした、キスをしたということは、法律上では不倫行為に該当しません。
ただし、不倫行為は一目につかない場所で行われるもののため、その現場を押さえることは不可能に近いです。
そのため、ラブホテルに入って長時間滞在する、不倫相手の家に長時間滞在していた、泊りがけの旅行に行き、同じ部屋で宿泊していたなど肉体関係が推測できる場合は、いくら当事者が否定したとしても、肉体関係があったものと判断される可能性は高いです。