不倫相手に対して慰謝料請求権を行使する方法とは?

夫や妻の不倫・浮気によって受けた精神的苦痛を補填するために、浮気相手に対する慰謝料請求権が認められていますが、実際どのようにしてこの権利を行使すればよいのか、簡単にまとめてみました。

電話や実際に会って請求する

「あなたが私の夫(妻)と浮気したために受けた精神的苦痛の慰謝料として○○円支払ってください。」「すみませんでした。払います」といけば何も問題ありませんが、素直に応じる相手ばかりではありません。
実際には、反省するどころか、逆ギレされたり、シラをきられたりするケースが多いのではないでしょうか。
そんな相手の態度にこちらも感情的になってしまい、脅迫されたといって逆に訴えられてしまっては元も子もありません。
早期解決が見込める反面、交渉力を必要とされるのがこの請求方法です。

内容証明郵便など文書で請求する

浮気相手との直接交渉に自信がない場合は、文書での請求が良いでしょう。
相手とのやり取りで即座の判断が必要な直接交渉と違って、自分の主張したい事をじっくり考え、書き綴ることができます。
書面に残るので、言った言わないの水掛け論にもなりません。ただし、文書での請求も、素直に応じて支払う人もいれば、無視を決め込む人もいます。
浮気の事実は認めるが、請求の額には応じられないなどの返答があれば、示談交渉が必要となりますので、文書の作成から示談交渉までをまとめて弁護士に依頼するほうが得策と言えます。

訴訟で請求する

直接交渉でも文書でも相手が応じなければ、訴えを起こす他ありません。
裁判所の決定で白黒ハッキリさせることができ、相手が慰謝料を支払わなければ、財産を差し押さえることも可能です。
ただし、判決が下るまでには相当の月日を要しますので、精神的にも経済的にも負担が掛かります。

浮気・離婚の慰謝料請求

内容証明郵便の書き方

浮気相手に再度慰謝料請求できる?

離婚する場合・しない場合の慰謝料請求とは?

浮気(不倫)の慰謝料請求の最適なタイミングとは?

浮気(不貞行為・不倫)の慰謝料請求とは?

不倫(浮気)の慰謝料の相場とは?平均金額はいくら?

浮気の慰謝料請求方法とは?金額の相場とは?時効とは?

慰謝料請求の示談交渉と裁判とは

不倫による慰謝料の求償権(きゅうしょうけん)とは?