フォーチュン広島の探偵白書:妻が失踪した原因とは?発見方法は?

総合探偵社 フォーチュン広島
フリーダイヤル:0120-917-791 「秘密厳守」「24時間受付」「相談・見積無料」

突然の妻の失踪-2-

まず、Aさんの自宅を中心とした半径1kmの範囲内を、調査員が徹底的に聞き込みを行ないました。

それと同時にAさんの自宅のある市とその周辺市町村のスーパーなどに協力していただき、行方探しのポスターを掲示するというものでした。
仮にB子さんが交通事故に遭い、加害者がその証拠隠滅を図って奥様を拉致していた場合、その現場を目撃した人物がいたとしても、目撃者は加害者が被害者を病院へ搬送していると思い込むケースも多く、新聞などで報道されない限り、目撃者が不審を感じることもありません。

しかし、幸か不幸か交通事故の目撃情報は調査開始後10日が過ぎてもまったくありませんでした。この結果を受けて、再度家族の方に協議の場を設けていただきました。
ひとまず、事故や事件の可能性が薄れたことを報告し、それにより家出という可能性が高くなったことで、この失踪を家出と仮定したうえで改めて家族に原因を検討してもらいました。

すると家族の各々が、自分に原因があったかもしれないと切り出してきたのです。
3人のお子様たちは、「最近、お母さんとはあまり会話をしていない」、夫のAさんは自営業のため忙しい毎日で、家のことは妻に任せきりにしており、「悩んでいる素振りを見せなかったため、彼女への配慮が足りなかった。」と、それぞれ打ち明けました。

そしてAさんの母親は、「3年前に夫を亡くしてから、いっさいの家事は嫁に任せていたので、私が楽をしていた分、嫁が人一倍気を使っていたのかもしれない」と振り返りました。
ここに来て、B子さんが家庭内で孤独な状況にあったことがはっきりしてきましたが、それだけで家出と結びつけるのは早計です。
とはいえ、孤独が家出の一因となった可能性はあるため、私たちはエリアを広げ、さらに行方調査を行なうことにしました。

しかし、懸命の調査にも関わらず、進展なく2ヶ月が経過してしまい、いったん調査を完了し、新しい情報が得られた際に改めて調査を再開することになりました。