離婚せずに仮面夫婦を続ける理由は?子供のため?生活のため?

総合探偵社 フォーチュン広島
フリーダイヤル:0120-917-791 「秘密厳守」「24時間受付」「相談・見積無料」

愛情がなくても仮面夫婦を続ける理由とは?

傍から見て仲の良さそうな夫婦も、家庭内では冷え切っているケースは珍しいことではありません。
俗に仮面夫婦と呼ばれるもので、外では体裁を気にして仲良しの夫婦を演じ、家の中ではお互い目も合わせないという徹底ぶりです。
愛情も関心もないのならさっさと離婚すれば良いのではと思いますが、仮面夫婦になった原因やそのような状況でも夫婦生活を続ける理由とは何なのでしょうか。

浮気(不倫)

浮気した側もされた側も離婚は考えるでしょうが、した側は有責配偶者ですので自分から離婚請求はできませんし、された側も浮気の証拠を持っていなければ裁判での離婚は認められません。
このような理由からお互いが離婚に同意しない限り別れることもできず、仮面夫婦となる夫婦は多いと思います。

価値観の違い

夫婦生活を続けていくなかで様々な価値観の違いに気付き、パートナーに意見したり、許容しようと努力もするでしょう。
ただ、人の価値観はなかなか変えられるものではありません。だからといって、離婚しようにも相手が同意しなければできませんし、価値観の違いでは裁判所も離婚を認めません。
そうなると、相手に干渉しないのが楽だと考え、次第に仮面夫婦となってしまうものです。

結婚生活のマンネリ

仮面夫婦も新婚当時は仲睦まじかったはずです。
ただ月日が経つにつれてどんな夫婦でも多少はマンネリを感じてくるもので、そこを色々と工夫して乗り切るのが結婚生活なのではと思います。
しかし、そのような努力をせず、パートナーに対する興味も失ってしまった結果、仮面夫婦となり、暮らしていくうえで不自由がなければ、あえて面倒な離婚をしようとも思わないでしょう。

社会的地位や子供のことを考えて   

男性に多く見られるのが、自身の社会的地位や立場を危うくする離婚を避けるため、外では良い夫婦を演じようとするものです。
一方、女性で多いのは、離婚によって子供が不幸になることを危惧し、子供の前では良い両親を装おうと努めます。

仮面夫婦を続けていると、今さら相手と向き合って波風を立てるような真似はしたくないかもしれません。ただ、夫婦のどちらかが偽りの夫婦関係を終わらせたいと突然言い出す可能性も十分あります。
そうなってから慌てて離婚の準備を始めてもなかなか対応できないのではないでしょうか。
夫婦関係を修復させるのが望ましいとは思いますが、やむ得ず離婚するにしても、パートナーと向き合うことを避けていては事態は悪化するばかりです。

離婚しないための浮気調査

浮気されても結婚生活を続ける選択

離婚する夫婦の特徴とは?

何年別居期間が続いたら離婚ができるのか?

何年別居期間が続いたら離婚ができるのか?

熟年離婚と卒婚のメリットとデメリットとは?