夫・妻の浮気を知ったときの対処法とは?

「夫のスマホに女性からのメール」「妻のバッグから避妊具が」などきっかけは色々ありますが、まったく動じることなく冷静でいられる人はいないでしょう。
ただ、浮気を知ったときの対応しだいで、今後の人生を左右する結果にもなるということを知っておいてください。

いきなり問い詰めない

ショックと怒りのあまり、頭の中が整理できないうちに夫・妻を問い詰めてしまうのは、誰もがやってしまいそうなことですが、最もしてはいけないことなのです。
浮気の決定的瞬間を目撃してその場で問い詰めるのならともかく、あやふやな状況証拠だけで責め立てたところで素直に相手が認めることはそうそうありませんし、口論の末に別居や離婚にまで話が進んでしまう危険もあります。

普段どおりに振舞う

夫・妻が浮気しているのに知らぬふりを通すのは、非常に辛いことだと思います。
しかし、上でも述べたように、確たる証拠もなく問いただすのは自分の首を絞めるようなものです。その証拠を手に入れるためには、浮気を続けてもらわなければなりません。
自分が疑われていると感じれば、浮気を控えてしまうケースもありますので、浮気の証拠を掴むまでは夫・妻に気取られてはいけません。

情報を集める

浮気相手は誰なのか、いつから浮気が始まったのか、知りたいことはたくさんあるはずです。
浮気の証拠を掴むためにも情報は多いほど有利です。浮気する人間はウソをついている訳ですから、冷静に思い返してみると怪しい点がいくつか発見できるはずです。
ただし、夫・妻に気付かれてしまうと増々浮気を隠ぺいされてしまいますので、無理はしないことが大事です。

自分にも落ち度がなかったか見つめ直す

浮気した夫・妻に非があることはもちろんですが、そこに至る過程でこちらが原因の一端となっている場合もあります。
日々の子育てに疲れセックスレスであるとか、身だしなみを気にしなくなったとか、感謝の言葉を掛けなくなったとか、夫・妻が自分から離れていった理由に心当たりがあれば、そこを改善する努力も必要です。

妻の不倫(浮気)には、どう対処したら良いか?

W(ダブル)不倫を止めさせる方法とは?

妻の不倫への対処法とは