メールやLINE(ライン)のやりとりは浮気(不倫)の証拠になるのか?

今やスマホ(携帯電話)は生活に欠かせないもので、浮気するにも必要不可欠なツールとなっており、メールやラインは浮気相手との格好の連絡手段であります。

夫や妻の浮気を疑って携帯電話をのぞいたところ、浮気相手とのメールやラインのやり取りを見つけた場合、それは浮気の証拠となるのでしょうか。
結論から述べますが、メールやラインのやり取りだけで浮気を立証することは難しいです。
たとえば、「昨日は楽しかったね、また会いたい」とか、「愛してるよ」などの言葉がやり取りのなかにあれば、誰が見てもこの二人は浮気していると思うでしょう。たしかに、夫婦の話し合いのなかで問い詰める材料としては充分かもしれません。
しかし、離婚や慰謝料を求める裁判で、これらの文言が浮気の証拠として認められることはありません。

裁判の場では、二人が不貞行為を行なったという確かな証拠が必要だからです。
それでは、「ゆうべのエッチとても激しかったよ」とか「また君を抱きたい」などというやり取りはどうでしょうか。これも、浮気があったことを推測させる状況証拠とはなりますが、このやり取りだけで裁判所が離婚や慰謝料の請求を認めることはないでしょう。
しかし、逆に言えばこれらのやり取りがあったうえで、実際の不貞行為の証拠を取得すれば、言い逃れのできない決定的な証拠となります。

メールやラインのやり取りの保存方法は、転送するのがスムーズで良いかもしれませんが、転送の履歴を消去しておかないとバレてしまいます。
最近の携帯電話のカメラは高画質なので、やり取りの画面を写真撮影するほうが良いと思います。

自分でできる浮気調査 浮気の兆候~携帯電話編~

自分でできる浮気調査 LINE(ライン)で浮気の証拠を掴む

自分でできる浮気調査 facebookで浮気をしているか確認する方法