探偵相談・浮気調査事例~釣りに出かけた旦那が浮気をしていた!~(広島県江田島市)

■依頼者様

20代女性 専業主婦

 

■家族構成等

ご主人 20代 会社員
お子様はいらっしゃらない
お住まいは江田島市の賃貸マンション

 

■婚姻期間

3年

 

■ご相談内容

ここ2ヶ月ご主人が週末の夜になるとバイクで出掛け、帰宅は翌日になるそうです。
依頼者様が何をしているのか聞いたところ、男友達のアパートで仮眠して夜明け前から一緒に釣りへ行っているとのことでした。
たしかにご主人は昔から釣りが趣味で、釣り道具一式をバイクに積んで出掛けるそうですが、釣った魚を持って帰ることはなく、衣服が汚れた様子も見られないということです。
不信感を募らせた依頼者様は、弊社に週末のご主人の行動調査を依頼されました。

 

■提案事項

ご主人が釣りに行っている様子もないことから、浮気をしている可能性が高いと判断しました。
そこで、成功報酬制(不貞行為の証拠1回)のご提案を行い、調査を実施しました。

 

■調査結果

週末土曜の午後9時過ぎ、ご主人が釣り道具を積んだバイクにまたがり、自宅を後に広島県呉市内へ向け走行していきました。途中、道沿いのコンビニへ立ち寄ると、携帯電話で通話して再び走り出し、呉市内にあるラブホテルの駐車場へ入っていきました。駐車場の隅にバイクを置いたご主人は1人でホテル内へと入りましたが、その後不貞相手と思われる女性が同ホテルへやって来る様子はありませんでした。
翌朝の10時、ご主人と20代の女性が一緒にホテルより出て来ました。2人はその場で別れると、ご主人はバイクにまたがり、女性は歩きでホテルを出て、すぐ近くにあるコインパーキングへ停めてある軽自動車へ乗り込みました。
軽自動車は広島県呉市にある女性の実家と思われる一軒家へ戻っていきました。

翌週の土曜、例の女性をマークしていたところ、夜に実家を軽自動車で出た女性は、先週と同じ呉市内のラブホテルへ向かい、コインパーキングへ車を入庫すると、徒歩で1人ホテル内へ入っていきました。その10分後、ご主人がバイクで同ホテルへやって来ました。
その後、2人は翌朝10時のチェックアウトぎりぎりまでホテルで過ごしました。

 

■調査終了後

ご主人の不倫の事実を知った依頼者様は驚かれていましたが、ご主人と何度も話し合いを重ね、離婚を決意されました。
二人の間には子供はいなかったので、ご主人と浮気相手女性に慰謝料を請求され、財産分与分合わせて400万円支払ってもらいました。

 

■浮気調査対応地区 広島県江田島市