探偵相談・浮気調査事例~結婚してわずか半年で妻が浮気…~(広島県呉市)

■依頼者様

20代 会社員男性

■家族

奥様は20代医療事務
お子様はいらっしゃらない
お住まいは広島県呉市の賃貸マンション

■婚姻期間

6ヶ月

■ご相談内容
 
依頼者様ご夫婦は結婚してまだ半年。
奥様は頻繁に友達と遊びに出掛けているが、仕事でのストレスを発散したいだろうし、女友達とならまあいいだろうと依頼者様も目をつぶっていたそうです。しかし、最近は夜遅くに帰宅することも増え、奥様が交際当時に浮気していたことを思い起こすと、悪い予感に襲われ、弊社へ相談に来られました。

もし浮気の事実が判明しても、奥様が謝罪して反省すればそれで良いそうですが、浮気相手にはきちんと慰謝料を請求したいとのことでした。

■提案事項

依頼者様は離婚を望まれてはいないので、不貞行為1回の証拠取得で良いとのことでした。
浮気する日は全く見当がつかないので、調査実施は弊社にお任せいただく形となり、
成功報酬制40万円(不貞行為の証拠取得)の調査をご提案いたしました。

■調査結果

調査初日の朝、奥様の面取り確認をするために張り込んだところ、依頼者様はすでに出勤した後の自宅より奥様が現れると、マンション下に停車している男性運転の乗用車の助手席へ乗り込みました。勤務先の病院近くへ奥様を送り届けた男性は、市内にある製薬会社へ出勤していきました。
その日の夜、奥様とその男性は呉市郊外のレストランで食事しましたが、それ以上のことは起こりませんでした。

1週間後の週末、奥様が同僚とバーベキューに出掛けるとのことで、調査を実施しました。
当日の朝、奥様と同僚女性4名、そして例の男性とその同僚と思われる男性4名が病院に集合し、数台の車へ分乗して県北のキャンプ場へ向かいました。
バーベキューや川遊びなど夕方まで楽しんだ一行が病院へ戻り解散すると、奥様は例の男性の車へ乗り、そのまま広島市内のラブホテルへ入りました。
2時間ほどでホテルを出ると、男性は奥様を自宅近くまで送った後、呉市にある分譲マンションへ戻っていきました。

■調査終了後

依頼者様は奥様と何度も話し合いを行い、奥様は今後浮気をしない誓約書を自発的に書かれたようです。
浮気相手の男性には慰謝料300万円を請求すると、男性からはすぐに謝罪があり「200万円ならすぐに支払える」と返事があったので、慰謝料200万円を受け取り、今後奥様と連絡を取らないように誓約書を交わしました。

 

■浮気調査対応地区 広島県呉市