探偵相談・浮気調査事例~浮気妻が別れさせ工作を…~(東広島市西条)

■依頼者様

ご主人 30代会社員

■家族構成等

奥様 30代パート勤務
3歳の男の子の子供
お住まいは東広島市内西条の賃貸マンション

■婚姻期間

5年

■ご相談内容

1ヶ月ほど前、奥様から離婚話を持ち出されていた依頼者様は態度を保留していました。
その数日後、依頼者様は会社からの帰宅途中に若い女性から道を尋ねられ答えたところ、お礼がしたいので連絡先を教えてほしいと言われ、丁寧に断ったそうです。
さらにその数日後の出勤途中に別の若い女性から、携帯電話を落として連絡ができないので貸してほしいと声を掛けられたそうで、さすがに不審に思った依頼者様は無視して立ち去ったとのことです。

そして先日、依頼者様が家の中で探し物をしていると、普段開けることのないタンスの引き出しに見知らぬ契約書が入っているのを見つけました。それは奥様がご主人との別れさせ工作を探偵社に依頼したもので、驚愕した依頼者様は弊社へ相談に来られました。

■提案事項

それほどまでに奥様が性急に離婚を望む理由を掴むため素行調査を実施しました。
20時間20万円の定額制調査をご提案しました。

■調査結果

調査3日目、実家へ行ってくると夕方お子様を連れて自宅を車で出た奥様は、まっすぐ広島市安佐北区の実家へ到着しましたが、間もなく実家へお子様を残したまま車で出ると、呉市まで向かいました。人気のない公園の駐車場へ奥様の車が停まり、しばらくして30代男性の運転する車がやって来ると、奥様は男性の車の助手席へ乗車し、山沿いのラブホテルへ入っていきました。
2時間ほどでホテルを出た2人は公園駐車場で別れ、男性の車は呉市内にある民家へ戻りました。

その後、男性は数年前に離婚して実家暮らしであり、奥様とは高校の同級生で、数ヶ月前コミュニティサイトで再会したことが明らかになりました。

■調査終了後

依頼者様も奥様もお互い離婚を希望していましたので、離婚を選ばれました。
問題は3歳のお子さまの親権です。
弁護士に依頼して長い戦いとなりましたが、3歳のお子さまの親権はご主人である依頼者様が取得できることになりました。

今では依頼者様のご実家でご両親の共にお子さまを育てられています。

 

■浮気調査対応地区 東広島市(西条町・八本松・黒瀬町)