探偵相談・浮気調査事例~子供を置いて男と同棲を始めた妻~(広島市安佐北区)

■依頼者様

30代 男性 会社員

 

■家族構成等

奥様は30代パート勤務
お子様は7歳の男の子1人
お住まいは安佐北区の一軒家

 

■婚姻期間

9年

 

■ご相談内容

1ヵ月前に奥様から別居の申し出があり、先日子供をおいて家を出て行ったそうです。出て行く直前に奥様の手荷物をうかがったところアパートの賃貸契約書を見つけ、保証人の欄に見知らぬ男性の名前が記載されていたとのことです。
依頼者様は奥様の浮気を懸念し、弊社へ相談に来られました。
もし浮気していることが確実であれば、すぐにでも別居を解消させ家庭を元どおりにしたいとのことでした。

 

■提案事項

奥様が浮気をしている可能性が高いことから、成功報酬制(不貞行為の証拠取得1回)40万円コースの調査方法をご提案しました。

 

■調査結果

安佐北区にある奥様の別居先アパートでの監視を主に調査を実施しました。引っ越したばかりのため、調査開始後数日間は部屋の整理をしている奥様の様子がうかがえるだけでした。

1週間後の週末、奥様のアパートを30代の男性が訪れました。
間もなく奥様は男性の車へ乗り、近所のショッピングセンターへ向かいました。2人は食器や収納用品などをあれこれと購入し、アパートへ戻りました。
その後6時間ほど奥様の部屋に滞在した男性は、アパートから車で5分ほどの住宅地にある民家へ帰っていきました。表札を確認したところ、男性の両親と思われる氏名の下に、奥様の賃貸契約書に書かれてあった男性の名がありました。

男性は実家から近いこともあり、その後ほぼ毎夜のように奥様のアパートを訪れ、数時間を過ごしていました。

 

■調査終了後

依頼者様の希望は親権のみ。
通常は幼い子供の親権は母親が有利ですが、今回は奥様が育児放棄している場面も撮影できたので、親権は依頼者様になりました。
弁護士さんに委任して、奥様とは離婚して、不倫相手の男には300万円の慰謝料を支払ってもらい、良い条件で離婚できました。

 

■浮気調査対応地区 広島市安佐北区