探偵相談・浮気調査事例~妻の別居の手伝いに浮気相手が~(山県郡北広島町)

■依頼者様

30代男性 会社員

 

■家族構成等

奥様 30代 看護師
3歳の男の子のお子様がいらっしゃる
お住まいは山県郡北広島町の賃貸マンション

 

■婚姻期間

5年

 

■ご相談内容

一月前に突然別居を申し出た奥様は、依頼者様が引き止めるのも聞かず、アパートを探し、別居の段取りを進めていったそうです。
ついに先週引越しとなり、手伝いはいらないと言われていた依頼者様でしたが、気になって仕事の合間に自宅へ戻ってみたところ、奥様と一緒に30代男性が荷物を搬出していましたが、奥様は同僚だといって紹介したそうです。
その後奥様はお子様を連れて別居先で生活していますが、依頼者様はそのときの男性が気に掛かり、弊社へ相談されました。

 

■提案事項

相談内容から奥様がその引っ越しに手伝いにきた男性と不倫をしている可能性は高いと判断しました。
そこで、成功報酬制(不貞行為の証拠1回)の浮気調査のご提案をしました。

 

■調査結果

奥様の素行調査を行なうにあたり、まず別居先を判明させるため、退勤後の尾行調査を実施しました。
夕方、勤務先の病院を出た奥様は保育園へお子様を迎えにいき、同じ山県郡北広島町にあるアパートへ戻っていきました。
翌朝、お子様を保育園へ送った奥様は、休日のためかアパートへ戻っていきました。しばらくして依頼者様から聞いていた引越のときの男性に似た人物がアパートへやって来ると、奥様の部屋へ入っていきました。
夕方、男性が部屋を出て来ると、男性は自身の車へ乗り、とある工場へ出勤していきました。

その後2週に渡り調査したところ、4回ほど同じように奥様のアパートで男性との接触が確認されました。

男性は同じ山県郡北広島町に住む妻帯者で、24時間交替の工場勤務であり、依頼者様が引越の際に見た人物でした。

 

■調査終了後

奥様と話し合いを重ねましたが、奥様の離婚の意思は固く、最後は依頼者様も離婚に応じました。
親権については奥様は依頼者様に譲っても良いということになり、3歳の男の子の親権は依頼者様となりました。
浮気相手男性が自分の子供が欲しいと奥様に言ったのが決め手となったようです。
浮気相手男性に対しては慰謝料を400万円請求したところ、翌日には支払ってきたようです。

 

■浮気調査対応地区 山県郡北広島町