探偵相談・浮気調査事例~夫が帰省中に妻が不倫をしていた~(広島県竹原市)

■依頼者様

20代男性 会社員

 

■家族構成等

奥様 20代 派遣社員
3歳の男の子のお子様がいらっしゃる
お住まいは広島県竹原市内の賃貸マンション

 

■婚姻期間

3年

 

■ご相談内容
1ヶ月前、依頼者様はお子様を連れて尾道市の実家へ帰省されましたが、奥様は仕事を理由に竹原市へ残ったそうです。
ところが、先日何気なくリビングに置いてあった奥様の携帯電話をのぞいたところ、依頼者様の帰省中に男性と密会した内容のメールを見つけ、居ても立ってもおられず弊社へ相談に来られました。

 

■提案事項

奥様が不倫をしている可能性が高いと判断し、成功報酬制(不貞行為の証拠1回)の浮気調査のご提案をしました。

 

■調査結果

奥様の行動調査を行なう事となり、夕方から勤務先周辺で監視を始めたところ、間もなく30代男性の運転する車が付近へ停車しました。その後、1時間ほどして勤務先より奥様が出て来ると、その車へ乗車し、お子様を預けている保育園の近くまで奥様を送った男性は、三原市にある一軒家へ帰っていきました。

その後2日間は同じ接触が確認された4日目の週末、いつものように迎えの男性車両へ奥様が乗り込むと、まっすぐ三原市内にあるラブホテルへ入っていきました。
2時間も経たないうちに男性車両はホテルを出て、奥様を自宅方面へ送り届けました。
さらに翌週の週末にも、奥様の退勤後に男性とホテルを利用しました。

その後の調査で、男性は奥様の勤務する会社の取引先に勤めている事が判明しました。

 

■調査終了後

依頼者様と奥様は何度か話し合いを重ねましたが、お互いに気持ちがなくなったということで離婚に同意されました。
不倫相手男性に対しては弁護士を通じ慰謝料を請求して、400万円の慰謝料を支払ってもらいました。

しかし、3歳のお子様の親権はお互い譲らず調停になりました。
別居後に依頼者様がお子様を実家で養育していたことから、最終的には依頼者様が親権者となりました。

 

■浮気調査対応地区 広島県竹原市