探偵相談・浮気調査事例~夫からの離婚請求!スナックの女性と不倫!~(安芸高田市)

■依頼者様

40代女性 専業主婦

 

■家族構成等

ご主人 50代 会社員  
お子様は中学2年の女の子と小学6年の男の子の2人
お住まいは広島県安芸高田市の分譲マンション

 

■婚姻期間

20年

 

■ご相談内容

2ヵ月ほど前、ご主人から突然離婚を迫られました。
理由を聞いてもこれ以上一緒にはいられないと言うだけで、はっきりとした答えは得られなかったそうです。
マンションのローンもまだまだ残っており、離婚しての生活は成り立たないことが明白であるため、困り果てて弊社へ相談に来られました。

ご主人は事務職で社内は男性ばかりということであり、これまで女性関係について疑ったことはなかったそうですが、先日たまたまご主人の携帯電話をのぞいたところ、見知らぬ女性の電話番号が登録してありました。
親しげな内容のメールのやり取りも残っていたそうです。
また、最近では決まって土曜日に休日出勤だといって出掛けるとのことです。

 

■提案事項

ご主人が女性と不倫をしている可能性が高いので、成功報酬制(不貞行為の証拠取得1回)の調査のご提案をいたしました。

 

■調査結果

毎週土曜日に的を絞って調査を実施したところ、朝自宅を出たご主人は勤務先とは反対方面へ車を走らせ、安佐北区にあるパチンコ店の駐車場へ停まりました。

しばらくして、女性が運転する軽自動車がやって来て、ご主人の車の隣へ停車すると、ご主人はその軽自動車の助手席へ乗り込みました。
女性はすぐに軽自動車を発進させてパチンコ店を後にすると、そこから少し山手へ上ったところにあるアパートへ向かい、ご主人と女性はそのアパートの1室へと入っていきました。

2人の入った部屋のベランダには小さな子供用のシャツが何枚か干されてありました。
1時間ほどして部屋からご主人と女性が出て来ました。ご主人はワイシャツにスラックスからジャージに着替えており、2人は軽自動車に乗ってアパートを後にすると、安佐北区郊外にあるラブホテルへ入りました。

夕方、ホテルより出て来たご主人と女性はアパート近くの保育園へ向かうと、女性が自身の子供と思われる男児を連れて出てきました。
ご主人は女性と男児の3人でレストランにて食事をして、アパートへ戻りました。3時間ほどしてご主人と女性がアパートより出てくると、パチンコ店へ向かい、ご主人は自身の車両で自宅へ戻っていきました。

翌週はご主人の車で女性と男児の3人で島根県へ日帰りのドライブに出掛けましたが、不貞の証拠といえるものはありませんでした。

さらに次の週、先々週と同様のかたちで合流したご主人と女性は、いったん女性のアパートへ立ち寄り、郊外のラブホテルで夕方まで過ごした後、男児を保育園へ迎えに行きました。

その後、女性の勤務先調査を行なったところ、可部のスナックで働いていることが判明しました。

 

■調査終了後

すっかり女性にのめり込んでいるご主人の姿を見て、依頼者である奥様は愕然とされていました。
大変腹立たしい状況ですが、お子様のことやマンションのローン残を考えると、今すぐの離婚は得策ではないと思い、離婚は選択されませんでした。
浮気相手女性へ対しては弁護士を通じて300万円の慰謝料を支払ってもらいました。
ご主人とは一旦別居という形をとり、毎月婚姻費用を支払ってもらうよう取り決めました。

 

■浮気調査対応地区 安芸高田市