探偵相談・浮気調査事例~仕事人間の夫が出会い系で不倫をしていた~(東広島市八本松)

■依頼者様

40代 女性 パート勤務

 

■家族構成等

ご主人 40代 会社員
10歳の女の子と6歳の男の子のお子様
広島県東広島市八本松町の一軒家

 

■婚姻期間

12年

 

■ご相談内容

仕事人間のご主人は毎日遅くまで残業で、週1の休日にも出勤することがありました。
そのうえ車で1時間かけて通勤のため、奥様はいつもご主人の体を心配していました。

そんなご主人が最近になって週に1,2度外泊するようになったため、理由を聞いたところ、深夜に仕事が終わって帰宅するのがツラく会社の仮眠室に泊まっているとのことで、奥様もそれなら仕方ないと思ったそうです。
ところが、ある日自宅のリビングに置かれていたご主人のビジネスバッグを片付けていた奥様は、バッグの中にラブホテルのメンバーズカードが入っているのを見つけました。
夫の浮気など夢にも思ってなかった奥様は、戸惑いながら当社へ相談に来られました。

 

■提案事項

ご主人が浮気をしている可能性が高く成功報酬制(不貞行為の証拠1回)の浮気調査での調査実施でも良かったのですが、週に1,2回は宿泊していることから20時間20万円の定額制パックの調査をご提案をいたしました。

 

■調査結果

ご主人の会社の退勤時間帯から調査を実施したところ、初日と2日目は事前情報どおり午前0時を過ぎるまで勤務し、そこから1時間かけて帰宅しました。
3日目、午後7時前に会社を出たご主人は、駅近くのコンビニまで車を走らせると、そこで30代の女性を乗せました。
車は郊外のファミリーレストランへ向かい、食事をすませると、例の見つけたメンバーズカードのラブホテルへ入りました。
翌早朝にホテルを出ると、ご主人は女性を駅まで送り届けてそのまま出社し、女性は電車で一駅先へ向かい、とあるマンションへ入りました。
その後、ご主人と女性は出会い系サイトで知り合ったことが判明しました。

 

■調査終了後

ラブホテルのメンバーズカードがあることからご主人が浮気をしていることは予想されておりましたが、やはり撮影した映像をご覧になられると奥様は大変ショックを受けられました。
浮気の事実を突きつけると、ご主人は土下座をして謝罪してきました。軽い気持ちで出会い系をしてしまい不倫をしたと。
浮気相手女性もご主人が既婚者とは知らなかったようで、奥様に謝罪の手紙を書いてきました。

ご主人にはもう二度と浮気をしない誓約書を書いてもらい、元の鞘に戻られました。
その後、ご夫婦で弊社がご紹介したカウンセリングを受けられ、以前より仲良くなられたそうです。

 

■浮気調査対応地区 東広島市八本松