探偵相談・浮気調査事例~主人の浮気が発覚!交渉中に癌が発見される!~(広島県呉市)

■依頼者様

50代女性 専業主婦

 

■家族構成等

ご主人 50代 会社経営
お子様は25歳の息子と22歳の娘の2人
お住まいは呉市の一軒家

 

■婚姻期間

婚姻期間は27年

 

■ご相談内容

ご主人は会社の経営から家の事まですべて自分の思いどおりにいかなければ気が済まないというワンマンぶりで、周囲はいつも振り回されていたそうです。
そんなご主人から1ヶ月ほど前に突然家を出て行けと言われた依頼者様は、理由を尋ねる間もないまま追い出され、なすすべもなく実家へ戻ることになりました。
2人のお子様がようやく自立し、これからの夫婦関係を模索していた矢先の出来事に、困り果てた依頼者様は弊社へ相談されました。
今後ご主人から離婚を切り出されるのは間違いないので、それを阻止するため、調査で何か掴めればということでした。

 

■提案事項

理由もなく離婚を言い出すのは、「浮気」をしている可能性があります。
そこで、成功報酬制(不貞行為証拠取得1回)の浮気調査のご提案をいたしました。

 

■調査結果

会社の業務終了後よりご主人の行動を調査したところ、毎日のように飲み歩いており、いつも同じ外国人パブへ足を運んでいました。
ご主人はそこのフィリピン人ホステスがお気に入りの様子であり、2人で食事をして同伴出勤もしていました。
調査6日目の昼間、外回りの様子で会社を出たご主人は例のホステスと合流し、夕方までラブホテルで過ごす姿を捉えました。

 

■調査終了後

予想通りご主人は浮気をしておりました。
浮気の証拠があればご主人からの離婚請求はできませんので、依頼者である奥様は一安心されました。
しかし、ご主人が婚姻費用(生活費)を奥様に渡さなかったので、奥様は弁護士を立てて交渉を依頼されました。

ところが弁護士にご主人との交渉を進めている最中に、ご主人が癌になり、フィリピン人のホステスはすぐにご主人と別れました。
そしてご主人が奥様に謝罪をして、奥様を家に家に呼び戻したのです。
癌の進行は予想以上に早くて、癌の発見から数か月でご主人は亡くなりました。奥様は最後を看取ることができたようです。

■浮気調査対応地区 広島県呉市