探偵相談・浮気調査事例~うつ病を患った夫がまさかの浮気!~(広島市西区)

■依頼者様

30代女性 会社員

■家族構成等

ご主人30代 現在無職
お子様はいらっしゃらない
お住まいは広島市西区の分譲マンション

■婚姻期間

5年

■ご相談内容

ご主人はうつ病を患い3ヶ月前に会社を退職しましたが、治療に専念するでもなく、再就職の目処も立っていません。そんなご主人が2週間に1度は決まって外泊しており、理由を尋ねると、気晴らしにネットカフェで過ごしているとのことであり、依頼者様も深くは追求しなかったそうです。
しかし、先日ご主人の携帯電話をのぞいたところ、若い女性とご主人が仲良く写っている写真を数枚を見つけたため、浮気を疑って弊社へ相談に来られました。
もし浮気しているならば、将来を何も考えていないご主人とはきっぱり離婚したいとのことでした。

■提案事項

浮気をしているのは確実でしたが、ご主人は無職であり行動パターンが掴めません。
そこで成功報酬制(不貞行為の証拠1回取得)40万円での調査をご提案しました。

■調査結果

週末に絞ってご主人の行動調査を実施したところ、昼前に自宅マンションを出たご主人が徒歩で西広島駅へ行き、電車で広島駅へ向かいました。ご主人は手ぶらであったため、広島市内が目的地であろうと思っていたところ、みどりの窓口で乗車券を購入したご主人は博多行きの新幹線へ乗車しました。
ご主人は博多で下車し、駅前のゲームセンターで遊技を始めました。しばらくして、20代の女性がご主人のもとへやって来ると、2人は楽しそうに会話しながらゲームを続けていました。1時間ほどしてゲームセンターを出たご主人と女性は近くの居酒屋で食事した後、博多駅から在来線へ乗車しました。ご主人と女性は2駅先で下車すると、住宅街の一角にあるワンルームマンションの女性宅へ入っていきました。ご主人が部屋より出て来たのは翌日の夕方で、女性が見送るなかマンションを後にして広島への帰路につきました。

2週間後に再度週末に調査を実施したところ、ご主人は前回同様に福岡へ向かい、女性宅へ滞在しました。
その後、ご主人と女性は携帯電話の無料ゲームサイトの中で知り合ったことが判明しました。

■調査終了後

弊社が紹介した弁護士さんに依頼をして、浮気相手女性に慰謝料請求を行いました。
慰謝料300万円の請求ですが、内容証明郵便が届いた翌日に女性から連絡があり、謝罪と慰謝料の支払いがされました。

問題はご主人との離婚に向けての話し合いでしたが、分譲マンションの名義変更等スムーズに進み、手続きに時間はかかりましたが、依頼者様には良い条件で離婚することができました。
ちなみにご主人のうつ病は自作自演で、会社を辞めるための芝居だったそうです。

 

■浮気調査対応地区 広島市西区