探偵相談・浮気調査事例~単身赴任中に妻が夫の知り合いと不倫~(安芸郡坂町)

■依頼者様

40代男性 会社員

 

■家族構成等

奥様 40代 専業主婦
お子様は17歳の女の子、15歳の女の子、10歳の男の子の3人
お住まいは安佐南区の一軒家

 

■婚姻期間

18年

 

■ご相談内容

依頼者様は2年前から九州に単身赴任していますが、3ヶ月ほど前から奥様の態度が冷たくなり、毎週末広島へ戻っても会話をまともに交わしてくれませんでした。
ついには、先週自宅へ戻った際に奥様から離婚を迫られ、困惑した依頼者様が理由を問いただしても、性格の不一致という漠然とした答えしか返ってきません。

納得のいかない依頼者様は、奥様に変わった事がないかお子様に聞いたところ、最近ちょくちょく夜中に自転車で外出しているそうで、お子様たちも不審に思っていたとの事です。
奥様が変わった本当の原因を突き止める事ができればと、弊社へ調査を依頼されました。

 

■提案事項

依頼者様のお話から、奥様が不倫をしている可能性が高いと判断し、成功報酬制(不貞行為の証拠取得1回)の調査方法をご提案させていただきました。

 

■調査結果

お子様たちの証言により、奥様が夜に外出する曜日が絞れたため、夜中の行動調査を実施しました。
夜10時を過ぎた頃、自転車で自宅を出た奥様は近所の公園で同じく自転車に乗った40代の男性と合流しました。
2人はベンチに腰掛けて2時間近く会話を楽しみ、その場で別れると、男性は公園から自転車で5分ほどの賃貸マンションへ戻っていきました。

翌週も夜中外出した奥様は、先週同様に公園で男性と会話するだけの接触であったため、調査方法を切り替え、男性の使用車両を突き止めて、車をマークしながら奥様との接触を待つ事としました。
2週間後の昼間、男性は休日の様子であり車で出掛けると、例の公園で奥様を乗せて県外までドライブへ行き、しっかりとラブホテルも利用しました。

 

■調査終了後

奥様の不倫相手は依頼者様の知り合いでした。
浮気相手の誠意を信じて、依頼者様と腹を割って話し合いをしましたが、浮気相手は最後まで奥様と浮気をしたことは認めませんでした。また浮気相手との話し合いを知った奥様は逆上してしまいました。

そこで弁護士に依頼して浮気相手男性に対して慰謝料の請求を行いました。なかなか不倫を認めない男性でしたが、裁判になるのを避けたかったのか、最後は素直に奥様との不倫を認め、慰謝料を支払いました。

 

■浮気調査対応地区 安芸郡坂町