自分でできる浮気調査 GPSの位置情報は浮気の証拠になるのか?

最近ではGPSが手頃な価格でレンタルされており、配偶者の行動を調べようと利用されている人も多いと思います。

レンタルGPSのおかげで配偶者の動きが手に取るように分かりますが、もしGPSの位置情報で配偶者がラブホテルへ滞在していることが判明した場合、その位置情報は浮気の証拠となるのでしょうか?
残念ながら位置情報だけでは、誰がホテルを利用したのかという証明にはなりません。

位置情報をもとに相手を問い詰めたとしても、「車を友達に貸していた」「ホテル近くの路上に車を停めて休憩していた」などと言い訳されても反論はできません。
離婚裁判や慰謝料請求で認められる浮気の証拠とは、実際にラブホテルを出入りする配偶者と浮気相手の姿を撮影したものです。
レンタルのGPS機器の性能はどんどん良くなっていますが、さすがに証拠撮影まではできません。GPSはあくまで不審な行動があるかどうかの確認や、浮気のパターンを掴むためなどに利用されるものだということです。「証拠写真も自分で撮るから大丈夫!」と思われる人もいるでしょう。
ただ、ラブホテルの出入り撮影はプロの探偵でも全精力を傾けて臨まなければならない正念場です。
対象者たちに気付かれないことはもちろん、ホテルの従業員にも不審感を与えず、暗がりであろうがはっきりと2人の姿をとらえなければなりません。

ただ、探偵の調査料金はお金が掛かるし、もし依頼して何も証拠がつかめなかったらと躊躇される気持ちも分かります。
そういった場合にこそまず自分でGPSを使い、配偶者の行動を確かめてみてはいかがでしょうか。
結果、不審な行動が見られなければ、GPSのレンタル代だけで済みますし、逆に浮気していると確信できたなら、探偵社に相談してみてください。
誠実な探偵社であれば、あなたが手に入れたGPSのデータをもとに浮気しそうな日や場所を特定し、費用を抑えた効率的な調査を提案してくれるはずです。

総合探偵社フォーチュン広島の安心のGPSの調査料金

GPSで浮気を確認する方法 GPSを利用した浮気調査とは

1週間 3万円(消費税別)