自分でできる浮気調査 浮気の兆候~携帯電話・スマホ編~

浮気発覚の原因と言えば携帯電話が一番多いです。
探偵社に寄せられる浮気に関するご相談のうち、浮気に気づいたきっかけの上位に必ずあがります。
やはり携帯電話・スマホは浮気の相手との連絡手段になりますからね。
これらの使い方の変化は浮気が疑われる最も大きな原因の一つです。

 

■携帯電話・スマホにロックをかける、履歴を消去する

携帯電話を紛失したときのためにロックをかける方もおられますので、ロックをかけているからといって「浮気」というのは乱暴な話ですが、その番号を頑なに教えないとなるとやはり何か見られたくないものがある可能性が高いですね。
既にメールにロックをしている人も、その時点で既にやましいのです。

浮気に気がつかれた場合でも、そのほとんどが普段はロックをかけていたり、メールなどの履歴を消しているのに、たまたまロックが外れていたり、削除し忘れたメールが残っていたといったことで発覚しています。

 

■自分の前では携帯電話・スマホに出ない

自分の前では携帯電話に出ない。出たとしてもその場から離れて話したり、「折り返します」といって電話を切ってしまう。若しくはトイレやお風呂場にまで持って行く。
コンビニやタバコ、散歩など、ささいな用事で携帯電話を持って外に行くのも怪しいです。
また一緒にいるとき、携帯電話を常にマナーモードやサイレンスモードにしているケースもあります。これでは聞かれたく話があると自分から言っているようですが。

 

■端末を触っている時間が増えた

LINE・メールをする回数が増えたり、通話料金が急に増えたりするのも要注意です。
携帯電話でゲームをしていて触っているのは分かりますが、ゲームではなくずっと触っているのは怪しいです。
通話明細を取り寄せることができれば、特定の番号へ頻繁に電話をかけているか確認したいところです。
あなたからのLINE・メールへの反応が妙に早いのも気になるところです。

 

■電話をしても出ないことが度々ある

普段は一日中携帯電話を肌身離さず持ち歩くのに、こちらから電話をしたときに限って「電話が鳴ったのに気が付かなかった」という言い訳は不自然ですね。
しかし、これを逆手に取ると浮気をしているときをある程度特定することができます。
たとえば、決まって特定の曜日や時間帯に電話に出ないことが多いとなれば、当然その曜日のその時間が怪しくなってきますし、浮気相手といるときに電話に出ない人は、別れた直後に折返しの電話をしてくるケースが多いので、この直前まで一緒にいた可能性が高いことになります。

 

■その他

・携帯電話を置く時には、表示画面が見えないように裏返しに置く。
・携帯電話を2台所有するようになった。
・携帯電話を子どもに触らせなくなった
・携帯電話に触ることを極端に嫌がる
・かかってきた電話の応対がよそよそしい。
・あなたの前でかかってきた電話に「はい」「いいえ」でしか応えない。

 

以上の項目にあてはまる事項が多ければ多い程、浮気や不倫の可能性が高いと考えられます。全ての人にあてはまるという訳ではありませんが、浮気や不倫の際に割と多く見受けられる兆候と言えます。

さりげなく『誰からの電話?』『誰とLINE・メールしているの』と聞いてみて、相手が動揺したら要注意ですね。

もし浮気の証拠を発見しても、興奮するあまりに逆上して問い詰めたりしては逆効果です。
くれぐれも落ち着いて、その場では証拠を取ることだけに専念しましょう。