自分でできる浮気調査 夫の浮気発覚を見抜く方法

浮気には必ず証拠が残ります。また、注意して見ていたら浮気の兆候も発見することができます。
「夫が浮気をしているのでは?」と思った時、いきなり騒ぎ立てたり、夫を糾弾するのはNGです。
まずは勘があたっているのかどうかを検証するために、冷静に情報収集してみましょう。
どんなポイントを見れば、夫が浮気をしているかどうかがわかるのか、その見破りテクニックを具体的にご紹介します。

■身だしなみ・服装の兆候

口臭や体臭など「臭いケア」を始めた。
服に無頓着だったのに急にオシャレしだした。
見慣れないネクタイ等をいつの間にか所有している。
頻繁にツメを切るようになった。
外出時に新しい下着に着替えて出掛けるようになった。
靴下の履き跡が残っていない。
結婚指輪をしなくなった。

■仕事の兆候

やたら飲み会や接待が増えた。
飲み会のはずなのに酔わずに帰宅。
残業が多くなった。
泊りがけの出張が多くなった。
休日出勤をするようになった。
仕事が増えた割には給料が増えない。
給料明細を見せなくなった。
仕事の予定などを伝えなくなった。

■夫婦関係の兆候

性的関係を拒むようになった。回数が減った。
自分に対してそっけなくなった。
あまり目を合わせなくなった。
なぜかいつもイライラするようになった。
こちらの質問等に逆切れするようになった。
こちらの予定を詳しく聞いてくるようになった。
価値観が違うと突然言うようになった。

■家庭での兆候

帰宅後すぐにお風呂に入ることがある。
自宅で食事をする回数が減った。
食事の好みが少し変わった。
一緒に行ってないはずの映画やイベントに詳しい。
PCや手帳、携帯などに触っただけで怒りだす。
洗濯物を見ると女性の化粧跡が付いている。
コートやジャケットに長い髪の毛が付いていた。

■その他の兆候

離婚をほのめかすようになった。
財布・鞄にコンドームが入っていた。
「一人の時間が欲しい」と言うようになった。
いつの間にかクレジットカードを作っている。
毎週、同じ曜日や時間帯に外出する事が増えた。
金遣いが荒くなった。
テレビ等で浮気や不倫の話題が出ると無口になる。

家族やあなたへの接し方に変化が見られた時には、注意して見守ることが大切です。
浮気をしているか問いただし止めさせる、見てみぬふりをして泳がせるなど、浮気の対策はいろいろありますが、いずれにしても重要なのは、早い時点で「兆候」に気づき情報収集をして対策をとることです。

ぜひ夫の日常にしっかり目と気を配ってくださいね。