慰謝料請求の示談交渉と裁判とは

浮気の慰謝料を請求するには、示談交渉か裁判が主な方法となり、それぞれメリットもデメリットもあります。

示談交渉による慰謝料請求

浮気相手が一般的な社会人であれば、家族にバレたり、慰謝料の支払いでもめて裁判沙汰になったりすることは避けたいので、話し合いには応じるはずです。
しかし、交渉には冷静な判断力や話術を必要としますので、自信のない人は弁護士に依頼したほうがよいでしょう。
示談交渉に臨む際は、事前に慰謝料請求書と示談書を作成し、話し合いの場に持参しますが、それらの書類もこちらの要求が的確に相手へ伝わり、後々トラブルが生じないものでなければなりません。したがって弁護士や行政書士など法律の専門家に作成を依頼するのが得策と言えます。
相手次第ではありますが、示談交渉する最大のメリットは早期解決が可能であるということでしょう。
そのためにも、こちらの要求を押し通すばかりでなく、状況に応じて譲歩する必要もあります。
一方、デメリットとしては、示談交渉はあくまで話し合いですので、双方が合意しなければ示談は成立しません。
感情にまかせて脅迫まがいの交渉をしたために、逆に相手から訴えられてしまう場合もあります。

裁判による慰謝料請求

通常、浮気相手との話し合いが決裂した場合に裁判所へ訴えることになりますが、明確な浮気の証拠がなければ慰謝料請求は認められません。
自分自身で訴訟手続きを進めることはできますが、提出文書の作成は法律知識も必要としますので、弁護士に依頼するべきです。
裁判を起こすメリットは、相手にプレッシャーを与えることができ、裁判途中で和解が成立することもあります。
そして、請求を認める判決が下れば、たとえ相手が支払いを拒否しても、給料などを差し押さえることができます。
逆にデメリットは、相手が徹底的に争う態度で臨んでくると、裁判が長期間におよび、精神的にも費用的にも辛くなってしまうことです。

浮気・離婚の慰謝料請求

内容証明郵便の書き方

浮気相手に再度慰謝料請求できる?

離婚する場合・しない場合の慰謝料請求とは?

浮気(不倫)の慰謝料請求の最適なタイミングとは?

浮気(不貞行為・不倫)の慰謝料請求とは?

不倫(浮気)の慰謝料の相場とは?平均金額はいくら?

浮気の慰謝料請求方法とは?金額の相場とは?時効とは?

浮気(不倫)の慰謝料の金額を左右する要素とは?