悪質な探偵社を選ばないためには

世の中の大半の方が探偵社を利用したことがないでしょうから、いざという時、全国に数多くある探偵社の中からどれを選ぼうかと迷われるはずです。
優良な探偵社を見つけて依頼できれば良いのですが、何よりも悪徳な探偵社を選ばないということが大事ですので、選んではいけない探偵社の特徴を
あげてみます。

無許可営業

飲食店などが無許可では営業できないように、探偵社も届出をしないと業務を行ってはいけません。事務所の目立つところに探偵業届出証明書という
ものを掲げることが義務付けられていますので、これがない探偵社は悪徳とか優良とかいう以前の問題です。ホームページにきちんと探偵業届出番号
を表示しているかどうかもチェックポイントとなります。

行政処分

きちんと届出をして業務している探偵社でも、法律を犯しては困ります。探偵業法違反などで営業停止や廃止などの行政処分を受けた探偵社は、公安
委員会のホームページで確認できます。

事務所がない

ホームページでは全国各地に支社があるかのように見せかけ、実際は転送電話で一括応対し、受けた依頼は下請けの探偵社に丸投げという無責任な会
社も多く存在します。面談を事務所ではなく喫茶店やファミリーレストランなどでしようとする探偵社は注意が必要です。ただし、自宅に事務所を構
え、誠実に業務を行っている探偵社もありますので一概には言えませんが、大事なのはホームページに表示された住所にきちんとその探偵社の実体が
存在しているかどうかです。

契約書がない

探偵社は物を売る仕事ではないので、依頼の内容、調査料金、調査期間、キャンセルについてなど事細かに取り決めた契約書を作成しなければ後々ト
ラブルの原因にもなります。これは探偵業法で義務付けられていますので、契約書を交わさない探偵社には絶対依頼してはいけません。

以上は基本中の基本で、まともな探偵社であれば到底あり得ない事項です。そこからさらに各社のホームページなどをじっくり見て、自分の悩みを解決
してくれそうな探偵社を探していかなければなりません。