妻の不倫(浮気)には、どう対処したら良いか?

ふとしたきっかっけで妻の不倫(浮気)が発覚した場合、何をどうすればよいのか戸惑うご主人が多いのではないでしょうか。

確たる証拠もないまま、いきなり問い詰めるのはもってのほかだということはご理解いただけるかと思いますが、女性の浮気はカラダ目当ての男の浮気と違って、心の底からのめり込んでいることが多いので、対処を間違えれば二度と旦那さんと向き合ってはくれないでしょう。
まずは浮気の事実を正確に把握し、証拠を押さえておかなければなりません。これは、夫婦関係を修復するにも、離婚するにも必要なことで、妻や浮気相手との話し合いや訴訟に臨むための武器です。

次に、浮気の証拠を手に入れたら、旦那さん自身がこれからどう進んでいきたいのかをよく考え、対処していく必要があります。

妻の浮気を許し、夫婦関係の修復をめざす

手放しで浮気を許してしまっては何の意味もありませんので、妻に反省を促し、二度と過ちを犯さないよう、誓約書を書いてもらいましょう。
「浮気したことを認め、二度とこのようなことをしないと誓い、もし次に浮気したら慰謝料○○円支払います」といった内容の書面で、浮気相手にも同様の誓約書を書いてもらうべきです。

また、誓約書によってとりあえず区切りがついた訳ですから、浮気の話を再び持ち出さないことです。もちろん、浮気された側はいつまでも忘れることはできないでしょうが、浮気に至った一因は自分にもあるのではと心に問い掛け、夫婦の溝を埋めていきましょう。

やはり妻の浮気は許すことができず、離婚する

妻の浮気で離婚する場合、まず考えるのが子供のことだと思います。妻の顔は二度と見たくないが、子供と別れるのは耐え難いものでしょう。しかし残念ながら、たとえ妻が浮気しても子供の親権は母親に有利となっています。妻の育児放棄や虐待など特別な事情がない限り、夫が親権をとることは難しいので、そのことを踏まえたうえで離婚を考えなければなりません。

なお、妻の浮気が原因で離婚しても、子供のために養育費を支払う必要がありますし、財産分与もしなければなりませんので、話し合いによる離婚の場合は離婚協議書にこれらのことを取りまとめておきましょう。
もちろん、妻と浮気相手には慰謝料を請求できますので、きっちりと浮気の清算はしてもらいましょう。

離婚しないための浮気調査

浮気されても結婚生活を続ける選択

子の引渡し審判と保全処分の申し立て方法

W(ダブル)不倫を止めさせる方法とは?

妻の不倫への対処法とは

離婚する場合・しない場合の慰謝料請求とは?

浮気(不倫)相手が社内の相手だった場合の対処法とは

妻の浮気(不倫)が発覚したとき、どのように対応すればよいか?