不倫(浮気)の慰謝料の相場とは?平均金額はいくら?

不倫(浮気)相手への慰謝料請求で一番気になるのが、いくら慰謝料がもらえるのか、その金額ではないでしょうか。
示談交渉ならば、双方の合意で金額は決まりますが、裁判では、あらゆる事情を考慮したうえで、裁判官が判断します。
過去の判例では50万円から400万円の間が多く、一般的には200万円前後がもっとも多いようです。
加味される事情には、以下のようなものがあります。

浮気におよんだ期間

たった一度の浮気よりも、繰り返し長期間にわたって行なわれた浮気のほうが、慰謝料は増額される傾向にあります。

婚姻期間

婚姻期間が長いほど、慰謝料は増額される傾向にあります。

夫婦関係の状態

夫婦が円満であったなら、それを崩壊させたとして、慰謝料は増額される傾向にあります。

浮気相手の経済状況

慰謝料を請求する相手の収入や資産が多ければ、慰謝料は増額される傾向にあります。

誓約を破った

過去にも浮気して、二度と会わないと誓約を交わしておきながら、再び浮気した場合は悪質とみなされ、慰謝料は増額される傾向にあります。

 

浮気・離婚の慰謝料請求

浮気相手に再度慰謝料請求できる?

浮気(不倫)の慰謝料請求の最適なタイミングとは?

浮気(不貞行為・不倫)の慰謝料請求とは?

浮気の慰謝料請求方法とは?金額の相場とは?時効とは?

慰謝料請求の示談交渉と裁判とは

浮気(不倫)の慰謝料の金額を左右する要素とは?

養育費や慰謝料を支払わせる公正証書とは?